100gあたり100円以下の無添加ドッグフード一覧!

ドッグフードを探す時は無添加であるか?グルテンフリーか?どんなタンパク源を使っているか?などの条件から探すことが多いですよね。

でも、予算に限りがある時には、このょうな探し方だと条件に合うフードを探すのはなかなか大変です。

そこで価格帯別に無添加ドッグフードを分けてみました。

この記事では100gあたり100円以下で使える格安のフードをご紹介します。

100gあたり100円以下だと1ヶ月のコストはどれくらい?

ドッグフードの消費量ってライフステージや体重によって違うので、同じフードを使っていても愛犬の世代(あるいは活動性)や体格で1ヶ月のコストってかなり変わってきます。

同じ体重であっても、製品によって体重あたりの給与量は微妙に違うので製品ごとのコストを正確に比較するのはむずかしいです。

なので、大体の目安として考えてください。

体重5kgの小型犬だと、1日の給与量はどの製品も80~120gくらい。

仮に給与量を100gとすると1ヶ月の消費量は3kgとなります。

なので、100gあたり50円のフードだとすると1ヶ月の食費が1,500円となります。

体重が3kgや10kgでは1日の給与量をそれぞれ80gと170gと仮定すると、1ヶ月の食費は1,200円と2,550円になります。

価格別と体重別の1ヶ月の食費を表にすると以下のようになります。

  100gあたりの価格
体重 50円 60円 70円 80円 90円
3kg 1,200円 1,440円 1,680円 1,920円 2,160円
5kg 1,500円 1,800円 2,100円 2,400円 2,700円
10kg 2,550円 3,060円 3,570円 4,080円 4,590円

概算で出してみましたが、安い価格帯でも1ヶ月あたりに換算するとけっこうな出費になりますね。

これがずっと続くんですから大変です。

Dr.ノブ

体重が重いワンちゃんの場合は、そのブランドに大きなサイズがあれば割安になっているのが普通なので、かなりコストダウンできるはずです。
くわしくは商品ページで確認してください。

100gあたり100円以下の価格帯の無添加ドッグフードの特徴

100円以下のドッグフードは添加物を使った一般ドッグフードばかりです。

無添加ドッグフードは限られた商品しかないので、選択の幅が非常に狭くなっています。

この価格帯では当然、ヒューマングレードやグレインフリーは望めません。

ほとんどの製品で第一主原料に穀物が使われ、タンパク源もほぼミール類になっています。

しかし、商品によってはグルテンフリーのものがあります。

この価格帯では無添加ドッグフードをであること以外はあまり期待しないでください。

100gあたり100円以下の無添加ドッグフード一覧

100gあたり100円以下で使える無添加ドッグフードは以下の商品です。

商品名 第一主原料 タンパク源 小麦不使用 コスト
(円/100g)
アイディールヘルスフード
アイディール
ヘルスフード
チキンミール ・鶏
・魚
78円
カークランド
カークランド
シグネチャー
鶏肉 ・鶏
・魚
39円
メディコート アレルゲン
メディコート
アレルゲンカット
穀類 ・魚 53円
モッピープロフェッショナルレギュラー
モッピー
プロフェッショナル
小麦 ・羊
・鴨
・七面鳥
77円

この他に人工保存料や着色料は使っていないが香料を使用しているビタワン、原材料表示には人工保存料や着色料などが記載されていないがメーカーが無添加を明言していないウェルケアの柴専用などもあります。

一応、以下にリストアップしておきますね。

商品名 第一主原料 タンパク源 小麦不使用 コスト
(円/100g)

ビタワン
穀類 ・鶏
・牛
・豚
37.5円

ウェルケア
柴専用
肉類 ・鶏
・魚
63円

日本犬
柴専用
穀類 ・鶏
・魚
28円