ヒューマングレードなくてもいいがグレインフリーの成長期に使えるドッグフード

ネルソンズ

イギリスのブリーダーが自分の犬たちに食べさせるために開発した無添加ドッグフードです。

今回紹介したフードの中では唯一、遺伝子組み換え食品を使用していないことを売りにしています。

より安全なフードを求める方におすすめです。

ただし、成長期でも7ヶ月以降のワンちゃん向けです。

1日のコスト(体重5kgとして)  196円

※定期コースで1袋を購入した場合のコスト



【ネルソンズ】トップブリーダーが開発した安心安全な無添加ドッグフード

【POCHI ザ・ドッグフード 3種のポルトリー】

日本のプレミアムドッグフード専門店がオリジナルで出しているのがこちらの無添加ドッグフード。

チキンミールなどの肉副産物やビートパルプは使用されていないので、実質ヒューマングレードに近い製品と考えていいでしょう。

なお、製造は海外への委託でオランダ産になります。

1日のコスト(体重5kgとして)  240円

※1kgを購入した場合のコスト



【POCHI ザ・ドッグフード 3種のポルトリー】かゆいところに手が届くプレミアムドッグフード専門店のオリジナルブランドフード

【ペットカインド グリーンビーフトライプ】

主原料に牛の胃を使用しているというカナダ産プレミアムドッグフード。

他に類を見ないタイプのフードで高タンパク質であることも特徴とします。

1日のコスト(体重5kgとして)  330円

※2.7kgを購入した場合のコスト

【ペットカインド グリーンビーフトライプ】牛の胃を主原料にした珍しいプレミアムドッグフード

【ティンバーウルフ】

本来肉食の犬のために動物性原材料が80%も使用されたアメリカ産プレミアムドッグフード。

メーカーはフードローテーションを薦めていて、そのための5種類のラインナップが用意されています。

強い体が必要な活動犬におすすめです。

1日のコスト(体重5kgとして)  370円

※1.36kgを購入した場合のコスト

【ティンバーウルフ】フードローテーションすることを考慮した肉食系プレミアムドッグフード

子犬専用は以下。

【ウェルネス穀物不使用 子犬用 骨抜きチキン】

アメリカの定番プレミアムドッグフードウェルネス。

その中でも、穀物不使用でアレルギーに配慮した子犬用フードです。

原材料にチキンミールが含まれていますが肉副産物は使用していないことが明言されています。

アレルギーの多い家系や犬種の子犬におすすめ。

1日のコスト(体重5kgとして)  356円

※1.8kgを購入した場合のコスト