ヒューマングレードではないが動物性タンパク質を1種に限定した成長期から使える低アレルゲンのフード

【ナチュラルバランス ウルトラプレミアム ポテト&ダックフォーミュラ】

アメリカの老舗メーカー、ナチュラルバランスの低アレルゲンフード。

ダック(アヒル)とポテトを主原料としていて、アレルゲンとなりくくなっています。

ダックミールが使用されていますが、乾燥肉なので肉副産物は入っていないと考えていいでしょう。

1日のコスト(体重5kgとして)  275円

※2.27kgを購入した場合のコスト

【ピナクル チキン&スイートポテト】

あのアボダームと同じメーカーの別ブランド。

グレインフリーであり使用する動物性タンパク質は1種に限定した、アレルギーが気になるワンちゃんのためのプレミアムドッグフードです。

タンパク源にはチキンのほか、トラウト(鱒)、ダック(アヒル)、サーモン、ターキー(七面鳥)があります。

1日のコスト(体重5kgとして)  157円

※2kgを購入した場合のコスト

【ピナクル チキン&スイートポテト】アレルギー対応に特化したプレミアムドッグフード

↓以下は子犬専用。↓

【ニュートロ ナチュラルチョイス ラム&玄米】

ペットフード最大手マースのブランド、ニュートロシリーズ。

その中で、もっとも低アレルゲンを考えた子犬用フードです。

ラムミールやビートパルプを使用しているのでヒューマングレードではありません。

1日のコスト(体重5kgとして)  272円

※1kgを購入した場合のコスト

【ニュートロ】ナチュラルチョイス犬全犬種用【子犬用】ラム&玄米1kg
nutro

【ナチュラルハーベスト ベーシックフォーミュラ ナーサリー】

日本のブランドですが製造はアメリカ産のプレミアムドッグフードです。

ベーシックフォーミュラのラインナップはもともと低アレルゲンのラム肉を主原料としたもので、ナーサリーはその子犬専用版。

使用している原材料がどの国製なのかをHPですべて開示しており、信頼できるメーカーです。

1日のコスト(体重5kgとして)  351円

※1ポンド(680g)を購入した場合のコスト

【セレクトバランス パピーラム】

ラム肉と米を主原料としたアメリカ原産のプレミアムドッグフード。

子犬専用の低アレルゲンフードとしては割安ですが、チキンエキスが入っているので動物性タンパク源が完全な単一というわけではありません。

1日のコスト(体重5kgとして)  326円

※1kgを購入した場合のコスト