【子犬のしつけ】自由に甘咬みをさせてはダメ!人の手を咬んではいけないことを徹底しましょう

子犬を飼ったことのある人ならだれでも経験があると思いますが、この時期って何にでも興味があって、気になったらとりあえず咬んでみるということをやります。

物だけでなく、人の手だってお構いなし。

甘咬みといってけっして本気で咬むわけではないので、甘えているのだろうとそのまま手を咬ませている飼い主さんが多いようです。

しかし、将来的な咬傷の事故を防ぐために、甘咬みはしつけで矯正していくべきだと考えています。

この記事では甘咬みをやめさせるべき理由と咬傷事故を防ぐためのしつけ方法について解説しています。

甘咬みはいたってノーマルな行動

ワンちゃんが興味を持った物を咬んでみること自体はごく自然な行動で、人間の赤ちゃんが何でも手にとってみて口に入れてみるのと変わりません。

手を使えないワンちゃんでは、なおさら咬んでみる機会は多くなります。

それは物に限らず、人の手だって同じことです。

そうすることで刺激を受けて学習したりエネルギーを発散したり。

さらに遊びの中で手と格闘して咬むこともあるでしょう。

兄弟犬がいて一緒に遊んでいる時は、手だけじゃなくどこでも咬みますが、相手が人ならばその矛先は手になります。

人の手を甘咬みさせてはいけない理由

子犬の頃から甘咬みすることを良しとされ、そのまま育ってしまうとどうなるのか?

大半のワンちゃんは成長していくにつれて甘咬みすることはなくなり、問題を起こすことはないでしょう。

しかし、生まれつき攻撃性の強い子や臆病な子、きつい叱り方でしつけたために手に対して恐怖心を持っているような子では、人の手を咬むことに躊躇しなくなってしまう危険があります。

たとえ普段問題を起こすように見えないワンちゃんでも、嫌なことをされたり驚いた時などに思わず咬んでしまうというリスクが高いです。

特に幼い頃から遊びの中で手を戦う対象として刷り込まれてしまっているとその傾向は強くなります。

反対に、甘咬みをさせないようにして、人の手は咬んではいけないと子犬のうちからしつけておくことで、将来、手を咬まれるという事故を防ぐことができるでしょう。

「うちの子に限って」と思われるでしょうけれど、言葉のわからないワンちゃんはパニックになった時に思わず咬んでしまうということはありがちです。

家族に対してならまだしも、他人を傷つけるようなことになれば大変です。

予期せぬ事故を未然に防ぐためにも、手を咬んではいけないことをしっかり教えておくことをおすすめします。

Dr.ノブ

飼い主さんを咬んでしまったために、飼い主さんと飼い犬との関係が崩れてしまった例をいくつもみました。
咬み癖は人と犬どちらにとっても不幸なことになります。
最初は大変ですが、ずっといい関係性が結べますので頑張ってしつけましょう。

人を咬まないようにするためのしつけ法

人を咬んだりする攻撃性を持たないように教育するには、生後1~4ヶ月の時期に社会性を身につけさせることがとても大切です。

この時期なら柔軟にものごとを覚えますので、しつけはできるだけ早い段階から始めていきましょう。

甘咬みを一切させない

前述のように人の手を甘咬みすることを許していると、将来、気に入らないことをされたり驚いた時に、抵抗や防御のために咬むことのハードルが低くなってしまいます。

スキンシップしている時に子犬が甘咬みしてくることは自然なことですが、その対象が手である必要はありません。

代わりに丈夫な噛むオモチャを咬ませるようにします。

それでも手を咬んできたりしたらその瞬間に「あっ!」と大きな声を出して、その場からすぐに離れましょう。

飼い主さんの手を咬んだことで、それまでの楽しかった時間が中断してしまうということを学習させれば、だんだん咬むことをしなくなります。

子犬と遊ぶ時に手や足で挑発して咬ませる遊びをする人がいますが、そいうのは論外です。

そういう興奮状態で手を咬ませていては、手を攻撃対象として認識してしまいかねません。

どんな場合でも手を咬まないように徹底させましょう。

罰は厳禁

以前はしつける上で罰(犬にとって嫌なこと。鼻先を弾く・お尻を叩く・マズルコントロールなど)は適切なタイミングなら有用だとされていました。

しかし今では体罰は厳禁です。

むしろご褒美をうまく使って、好ましい行動に誘導していくことでのしつけが主流になっています。

咬んだからと叩いたりしては絶対ダメ。

手に対して憎悪を向けるようになればますます咬むようになってしまいます。

罰のかわりに、せいぜい上に書いたような”遊びを中断する”という方法を用いる程度にしておきましょう。

Dr.ノブ

いたずらをやめさせるのには、大きな音を出したり、水鉄砲などで水をかけるという罰を使うのは有効ですが、タイミング・罰の強さ・一貫して罰する・飼い主がしていると気づかれないにしないといけない、など運用は大変です。

十分な遊びの時間を作ってあげる

子犬の頃は元気があり余っていて遊びたいざかり。

落ち着いている時は手を咬まないように覚えてきても、エネルギーが余っていると遊びに誘おうとついつい咬んでしまうことはよくあります。

なので、子犬とたくさん遊んであげてエネルギーを発散させてあげるのもとても大切です。

また、遊びで疲れ切ったあとには、優しくなでてあげてスキンシップの時間をもちましょう。

撫でられることが好きになり、人の手は戦う対象ではなく、触れられることで気持ちのいい好ましい対象と学んでくれます。

できるだけ早く他人や他の犬に会わせる

社会化の時期である生後1~4ヶ月に他の人や犬に会わないと、散歩に行くのを怖がるようになったり、他の人や犬に対して攻撃的になったりすることがあります。

なので、この時期に他の人に触ってもらったり、他の犬と遊ぶことはとても大切です。

社会性を身につける意味ではどんどん外へ行くべきなのですが、この時期はワクチンを射って免疫をつける時期でもあります。

外を散歩すれば伝染病にかかってしまうリスクがないとは言えません。

そこで妥協案として、抱いたまま外を散歩して他の人や犬の存在に慣れさせたり、きちんと予防している知り合いのワンちゃんの家にお邪魔して一緒に遊んでもらう、などでなるべく早い段階から社会性を身につける訓練を始めるようにしましょう。

まとめ

膝の上に乗ってきた子犬が甘咬みしている様子は愛らしくてそのままさせてしまいがちですが、将来の事故を防ぐために徹底して甘咬みはさせないようにするのがおすすめです。

最初は大変ですが社会性を身につける数ヶ月間の辛抱です。

その頑張りで将来の愛犬とのいい関係が維持できるので、ぜひ取り組んでみてください。