【アボ・ダーム オリジナルチキン】ロングセラーの信頼感!アメリカ産プレミアムドッグフード

アボ・ダームは僕が臨床にたずさわった頃からあるロングセラーのアメリカ産プレミアムドッグフードです。

原材料にアボカドを使用するという他のドッグフードにはない特徴を持っています。

最近、ネットでアボカドが犬に毒性があるという話が出回っているので、そのことについてもコメントしたいと思います。

Dr.ノブ

昔からプレミアムドッグフードの定番として売れ続けていて問題が出たことはありません。
ということは安全なんじゃない?

タロ

アボ・ダームのメリット or おすすめポイント

アボ・ダーム オリジナルチキンを選ぶに値するメリットやおすすめのポイントをピックアップ!

  • 化学合成された保存料・着色料・香料不使用
  • グルテンフリー
  • 肉副産物不使用
  • ラインナップが豊富

Dr.ノブ

アボ・ダーム オリジナルチキンが一般のドッグフードに比べて優れている点を見てみましょう。

化学合成された保存料・着色料・香料不使用

プレミアムドッグフードの基本の無添加という条件は、アボ・ダーム オリジナルチキンはなんなくクリアしています。

保存料や酸化防止剤としての記載はないですが、おそらくビタミンCやローズマリーエキスが天然の酸化防止剤の役目を果たしているのでしょう。

ドッグフードは愛犬が長く食べていくものですから、不安のある化学合成された添加物は避けたい人が多いハズ。

アボ・ダームなら安心して食べさせることができます。

グルテンフリー

一般的なドッグフードでは原料として小麦が使われていることが多いのですが、犬でもアレルギーの原因になりやすい代表的な食品なのです。

小麦が入っていてもアレルギーを獲得していない子なら問題なく食べさせられますが、すでにアレルゲンとなっているワンちゃんではかゆみや下痢の原因になります。

食物アレルギーの厄介なのは、症状の程度がピンきりなので飼い主さんも愛犬がアレルギーと気づいていないことも多いこと。

なので、アレルギーが気になる or アレルギーの多い犬種なら最初から小麦を使っていないフードを使っておくのがおすすめ。

アボ・ダーム オリジナルチキンは小麦不使用のグルテンフリーなので、アレルギーの心配な方でも比較的安心して愛犬に与えることができます。

チキンミール不使用

人が食べられない部分である肉副産物を利用して作られたチキンミールを使っているドッグフードは非常に多く(プレミアムドッグフードでも使用しているブランドは多い)、巷ではそれらのフードはリスクがあるとの記述をよく見かけます。

ドッグフードの原材料に使われるチキンミールやポークミールって何?

実際には、健康にリスクがあるというのは噂に過ぎないのですが、人が食べないものを家族同然の愛犬に食べさせるのは抵抗のある人が少なくありません。

アボ・ダーム オリジナルチキンには、チキンミールは使用されていないのでそのような方でも安心です。

(同じく人の食用ではないビートパルプも使用されていません。)

ラインナップが豊富

アボ・ダーム オリジナルチキンは全ライフステージ用ですが、ちゃんと子犬用やシニア用も用意されています。

また、主原料の違うオリジナルビーフ(小粒・中粒)、消化が良くてより低アレルゲンのラム&ライス、肥満犬用のライト、関節の健康維持をサポートする成分を強化したジョイントヘルスまでそろっています。

さらに、それぞれの製品に800g・2.4kg・5.6kg・12kgのパッケージサイズがあり、愛犬の状態・ライフステージ・体格に最適なフードを見つけることができます。

メーカーのその他のアピールポイント

上記以外にアボダームの公式サイトでメーカーがアピールしているポイントをまとめてみました。

  • 低温でじっくり焼くオーブンベイクド製法により一粒一粒に栄養素と旨味成分がぎっしり
  • アボカドの豊富な栄養素で愛犬の健康で美しい皮膚・被毛をサポート

アボ・ダームのデメリット or 残念ポイント

アボ・ダーム オリジナルチキンを選ぶ際に気になるデメリットや残念な点はこちら。

  • グレインフリーではない
  • ヒューマングレードではない
  • コストがかかる

Dr.ノブ

低アレルゲンで毛並みが良くなるとの口コミの多いアボ・ダーム オリジナルチキンはほとんどのワンちゃんにおすすめできるのですが、もう少しこうして欲しいというデメリット面もあります。

グレインフリーではない

アボ・ダーム オリジナルチキンはグルテンフリーですが、米が入っているためグレインフリー(穀物不使用)ではありません。

「穀物は食物アレルギーのアレルゲンとなる」

「犬は穀物を消化できない」

などの理由で穀物を使っているフードは良くないとの言う人がいます。

確かにアレルゲンの可能性はありますが、小麦に比べればずっと低いもの。

もっといえば、タンパク質が含まれていればどんな食品もアレルゲンとなる可能性はあります。

一方、消化できないとの主張は都市伝説レベル。

きちんと加工された穀物は消化率は高いのです。問題となることはありません。

むしろ米は消化がよく高GIなので、糖尿病や肥満の犬で気をつける必要があるくらいです。

アボダームはグレインフリーではないですが、問題となることは少ないでしょう。

穀物が入ったドッグフードは消化が悪いという話は本当のことなの?

ヒューマングレードではない

上に書いたように、アボ・ダーム オリジナルチキンにはチキンミールやビートパルプなど明らかに食用ではない素材は使用されていません。

しかし、代理店のサイトの説明をいくら探しても”ヒューマングレード”や”人間が食べる品質”のような記述は見当たりませんので、おそらくアボダームはヒューマングレードではない製品。

愛犬には人と同じレベルのものを食べさせたいという方には向いていません。

ヒューマングレードのフードを選ぶのならDr.ノブおすすめドッグフードから選びましょう。

コストがかかる

アボ・ダーム オリジナルチキンはプレミアムドッグフードなので、一般ドッグフードに比べてかなりコストはかかってしまいます。

手間と素材にこだわった製品なので仕方ありませんが、予算的に合わない方もいるかもしれません。

それでも実売価格はだいぶ下がっているので、プレミアムドッグフードの中では安く、手を出しやすい方です。

アボカドに毒性はある?

アボダームが売りにしているアボカドですが、この1~2年、犬に毒性があるという情報が駆け巡りました。

出どころはアメリカのようで、その後、日本でもドッグフード紹介のサイトを中心に広がったみたいですね。

それらの情報によるとアボカドに含まれるペルシンという成分に毒性があり、死に至ることもある怖いものだそう。

でも実際には、日本でアボカドによる中毒の報告はありませんし、獣医師のコミュニティのサイトで過去記事を検索しても一切出てきません。(もちろん僕も経験ありません)

アメリカに24時間体制でペットの中毒に対して情報を提供しているPet Poison Helplineという専門機関があります。

MEMO
Pet Poison Helplineは有償(59ドル!)で獣医師に対し中毒に対する治療やフォローアップのための情報を提供してくれる専門家団体です。

このPet Poison Helplineのサイトではアボカドについて次のように述べています。

  • アボカドは犬・猫に毒性がある噂があったが毒性はないと考えられる
  • 鳥や牛など特定の動物では毒性を示す
  • 犬猫ではむしろ種を飲み込む事故のほうが問題

Avocado

このように日々、犬猫の中毒に取り組んでいる専門機関が毒性はないと考えているのです。

アボカドの種類によってはペルシンの濃度がかなり違うそうなので、高濃度のアボカドを大量に食べてしまったなら何らかの問題が出る可能性はあるかもしれません。

でも、あったとしても重大な中毒症状が起こるとはとても思えません。

ましてアボダームでは原料の1つにアボカドを使用しているだけなので、愛犬に食べさせるのに全く心配にはおよびません。

アボ・ダームの口コミ評価は?

ロングセラーで信頼性の高いアボ・ダーム オリジナルチキンですが、口コミ評価はどうなっているでしょう?

まずは良い評価から。

続けても飽きずに食べてくれる。

毛づやがよくなった。

よろこんで食べている。

涙やけがましになった。

食いつきに問題はないようですね。

次に悪い口コミ。

涙やけに効果がなかった。

スープをかけないと食べない。

目立った悪評はなく、ほとんどの飼い主さんが満足しているようです。

Dr.ノブの見解:ロングセラーの安心感!どれにするか迷ったら試してみては?

アボダームは発売から30年というロングセラーのプレミアムドッグフード。

それだけ支持されてきたということは信頼の証です。

アボカドの栄養が効いているのかどうかはわかりませんが、毛艶が良くなったなどの口コミの多いのも注目ポイント。

プレミアムドッグフードの選択肢が多くてどのブランドにするか迷っている人は試してみてはどうでしょう。

辛口チェック

アボ・ダームを辛口にチェックするなら以下のポイントが気になります。

それは輸入フードであること。

品質の良いフードでも輸送の間に劣化しないかという心配が多少あります。

輸入フードでは長距離輸送になるので、国産フードに比べると不利です。

国産ドッグフード vs 輸入ドッグフード どっちを選ぶ?安全性・安心感を徹底比較!

国産フードだと工場直送で家庭に届く商品もあるので、製品の新鮮さでは一歩譲ってしまいますね。

輸入の輸送過程にもピンからキリまであって、他の商品と雑多に常温のコンテナで運ばれてくるものもあれば、チャーターした保冷コンテナで厳重に管理されて輸送されるものもあります。

条件のいい輸送であれば劣化は最低限に抑えられます。

アボ・ダームに限らず輸入フード全般に言える懸念なのですが、いい状態のコンテナで運ばれているのかとても気になります。

飼い主さんが安心できるようにそのへんの情報も公開してほしいですね。

アボ・ダームの原材料と栄養成分

アボ・ダーム

原産国 アメリカ
ライフステージ 全ライフステージ
原材料 乾燥チキン、玄米、白米、オートミール、トマト繊維、亜麻仁、乾燥アボカド果肉、
鶏脂肪、ナチュラルフレーバー、塩化カリウム、塩、海藻、乾燥ニシン、
ビタミン(塩化コリン、ビタミンE、ビタミンC、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、
ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンD3、葉酸)、
ミネラル(硫酸亜鉛、硫酸鉄、鉄アミノ酸キレート、亜鉛アミノ酸キレート、セレニウム酵母、
銅アミノ酸キレート、硫酸銅、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム)、
アボカドオイル、ローズマリーエキス、セージエキス、パイナップル、ラクトバチルス・アシドフィルス、
ラクトバチルス・カゼイ、ビフィドバクテリウム・サーモフィラム、エンテロコッカス・フェシウム
成分 タンパク質21%以上、脂質12%以上、繊維3.5%以上、灰分7%以下、水分10%以下
添加物 酸化防止剤にビタミンC、ビタミンE、ローズマリー
グレイン 米、オーツ麦(オートミール)
グルテン フリー
内容量 800g、2.4kg、5.6kg、12kg
エネルギー(100gあたり) 340kcal
価格 3,000円 [2.4kg ネット参考価格]
単価(100g) 125円
販売会社 Biペットランド 公式サイト

※犬種別は僕自身はあまり意味が無いと思っているので、この表には取り入れていません。

犬種専用のドッグフードって本当に必要なの?