飼い主さんびっくり!愛犬の便に血が…原因は牛肉だった!?

ある日、愛犬がしたうんちをよく観察してみたら表面に血が付いている…。

ワンちゃんを飼っているとこのような場面に遭遇することがあるかもしれません。

一度経験したことがあれば慌てることはありませんが、初めてだと死んでしまう病気じゃないかとびっくりするでしょう。

このような血便はいろんな原因で起こるので、命に関わるような病気もないわけではありません。

でも、多くはごく一般的な大腸炎によって起こるものです。

その大腸炎の原因の1つとして、主に牛肉やビーフ系のドッグフード・おやつを与えたことで起こる食事性があります。

この記事では、食事やストレスなどで起こる大腸炎について解説しています。

いざという時に知識として知っていればあわてることはありません。まずはご一読ください。

Dr.ノブ

お尻から鮮血が出たというと一大事のようですが、犬ではよく見られる症状です。
えーっ、牛肉ダメなの?

タロ

大腸炎はどんな症状なの?

ワンちゃんの下痢には大きく分けて2つのタイプがあります。

1つは通常見かける、単に便が軟らかくなったとか、泥状の便になるタイプ。

これは腸の中でも胃に近い小腸の異常で起こってくるものです。

もう1つが今回取り上げる大腸炎による下痢です。

大腸炎では同じ下痢でも血が混じった血便が出るという特徴的な症状を示します。

以下に大腸炎でよく見られる症状を紹介します。

  • 血便
  • 粘液便
  • しぶり
  • 便の量は少量
  • 嘔吐

血便

大腸炎で炎症により粘膜から出血した場合、肛門までの距離が短いため赤い血の色そのままの鮮血が認められます。

MEMO
小腸で出血した場合は排便されるまでに消化されて黒い色に変色します。

大腸炎では消化されていないそのままの血の色を見るので、飼い主さんがビックリしてしまうのです。

便の表面に鮮血が付着していたり粘液便に混じっていたり、後述するしぶりに伴い血液だけがしずくとなって落ちることもあります。

粘液便

大腸の粘膜には粘液を分泌する細胞が多く、炎症によって分泌が亢進するため粘液量が増加します。

普通の固さの便の表面をコーティングするように粘液が被っていたり、次に述べるしぶりがある場合には粘液だけが便として出てきたりします。

しぶり

大腸炎では直腸に炎症が広がっているため、排便した後も便が残っている感じが残り、出ないのに何度でもきばって出そうとします。

この症状をしぶりといいます。

しぶりに伴って、便の代わりに前述の粘液便や血液が少量排出されることも多いです。

便の量は少量

しぶりまでいかなくても、便が少量存在するだけで便意をもよおします。

そのため、便の回数が増え、1回の便の量が少なくなるのも特徴です。

嘔吐

大腸は胃から離れていますが、大腸炎になると嘔吐がよく起こります。

症例の3割ほどで嘔吐がみられます。

大腸炎の原因は?

大腸炎の症状がわかったところで、次はその原因について解説します。

ワンちゃんにおいて大腸炎はよく見られる疾患で、その原因にはさまざまなものがあります。

主な大腸炎の原因には、

  • 食事
  • 異物
  • ストレス
  • 寄生虫
  • 感染
  • IBD(特発性炎症性腸疾患)
  • 薬剤
  • 腸重積
  • 腫瘍

などが挙げられます。

牛肉が主犯の食事性

診療をしていると食事が原因で大腸炎になるワンちゃんは多く、中でも牛肉が引き金になって起こっている実感がとてもあります。

大腸炎の発症には免疫や腸内細菌叢などが関わっているとされていますが、解明されていない点が多くはっきりしません。

アレルギー的な関与があるのか、牛肉は生に限らず、ジャーキーやドッグフードの原料として含まれていても大腸炎は起こります。

他の食材でも起こり得ますが、感覚的にビーフ系のもので起こるケースが圧倒的に多いようです。

ビーフでも赤身の部分が原因になるように思います。

そのため、昔は”赤肉症候群”なんて呼び方もされていました。

ストレス性も多い

ストレスからくる大腸炎も、ワンちゃんには非常に多くみられます。

ペットホテルに2~3日預けていて、家に帰ってきたとたんに血便をしだすことがよくあります。

伝染病や寄生虫によるものではこんなにすぐ症状が出ることはありません。

これはストレスが原因となった大腸炎です。

美容院でトリミングをしてもらって帰ってきてからもよく起こりますね。

カミナリが凄かった日や花火大会の翌日に大腸炎が出ることもあります。

ストレスがそれほどでもなくても、食事性との合わせ技で大腸炎になることもあるでしょう。

普段、ビーフジャーキーを食べていても大丈夫な子が、ちょっとしたストレスをきっかけに大腸炎が出ることがあります。

この場合は、今までも大腸炎は軽く起きていたけれど症状として現れるほどではなかったのでしょう。

それが軽いストレスを引き金に大腸炎がひどくなって症状が出てしまったと考えられます。

食べたもので起こる大腸炎はビーフ系を避けると予防できることが多い

食事からくる大腸炎の診断は、食べた後に症状の出て来るタイミングで推測できます。もちろん、寄生虫や感染など他の原因の可能性をチェックすることは大事です。

食事性なら治療にもよく反応し、すんなり治っていきます。

以後、ビーフ系のフードを避けることで大腸炎の再発を予防することも可能です。

MEMO
ビーフ以外にも原因がある場合は再発します。
Dr.ノブのアドバイス

大腸炎が起こっていても、普通の下痢(小腸性)と区別がはっきりしないケースもあります。
ただお腹が弱いだけだと思っていたら、ビーフ系のフードを与えなくなったら便の調子が良くなってビーフがダメだったんだとあとで気がつくことがあります。
普段、愛犬にビーフ系のものを与えていてお腹をこわしやすいのなら、それらを止めてみるとお腹の調子が良くなるかもしれません。

原材料に牛肉を使ったドッグフードは少なくなった

いろいろなドッグフードの原材料をチェックしていると、最近の製品にはビーフ系の素材を使用しているものが非常に少なくなったのに気づきます。

動物性タンパク質としては大半がチキンで、その次にポークが多いようです。

ジャーキーでも昔はビーフ系が多かったのですが、今はチキン一色っていう感じです。

理由ははっきり知りませんが、消費者からの”フードを食べて下痢をした”という苦情が多かったのかもしれません。

あるいは、一時の狂牛病騒ぎの時にビーフを避けるようになったのかもしれません。

なので、今はフード類よりも牛肉そのものを食べさせて大腸炎を起こすことが多くなっています。

MEMO
もし、原材料にミートミールと書いてあった場合にはビーフが使われています。ただし、肉の部分ではなく牛脂を使用しているので大腸炎は起こりにくいでしょう。

まとめ

人では便に血が付いていたら「ガンか?」と大騒ぎですが、ワンちゃんでは大腸炎で便に血がつくことはそれほど珍しいことではありません。

ここでは説明しませんでしたが、異物を食べることで起こる大腸炎も多くあります。(砂などの消化できない異物が腸を傷つける)

もちろんワンちゃんでもガンの場合もありますが、食事や異物、ストレスなど単純な原因によるものが多いので、あわてずにまず病院へ行って診てもらいましょう。