ドッグフードの原材料ビートパルプはホントに危険?体に悪い?

ビートパルプは一般のドッグフードによく使われている原材料で、パッケージの原材料表示で見たことのある方も多いと思います。

このビートパルプ、ネットのドッグフード紹介サイトではよく体に悪いと書かれています。

ビートパルプは療法食の原材料としてもよく使われているのものなのですが、本当によくないものなのでしょうか?

この記事では、ビートパルプが本当に体に悪いのか?その真偽をはっきりさせたいと思います。

Dr.ノブ

ビートパルプには硫酸が使われていると煽っているサイトもありますね。
ほんとうに危ないの?

タロ

ビートパルプとは砂糖を作る時に残ったしぼりかす

ビートパルプ

ビートパルプとは、砂糖の原料であるてん菜(砂糖大根)を加工した時にできる副産物です。

てん菜から糖分を抽出したあとの残りカスを搾って乾燥させたものがビートパルプです。(生のビートパルプもあります)

ビートパルプには可溶性繊維のペクチンやガムと不溶性繊維のセルロースやリグニンをバランスよく含んでいます。

家畜の飼料として非常にポピュラーなものです。

MEMO
”繊維”は「植物の細胞壁および種子の外保護層に含まれる成分」と定義されています。
つまり、動物性の食物にはない栄養素ということになります。
肉食から変化した犬では、繊維を胃や小腸で消化することができません。

ビートパルプを使用したドッグフードが体に悪いというネットの主張の要点

ネットでビートパルプを検索すると大半が批判的な記事、それもドッグフード紹介サイトの記事です。

批判の要点は主に次のようなものです。

※以下はネットでの主張をそのまま要約しているので鵜呑みにしないでください。

栄養がなくかさ増しに使用されている

繊維質の塊であるビートパルプを使用することで、ドッグフードの見かけのかさを増すことができる。

だから、ドッグフードメーカーは製造コストを下げるために、安いビートパルプを使ってかさ増ししている。

という主張。

過剰な繊維質が粘膜を傷つけるetc

  • ビートパルプに含まれる不溶性繊維が便を固くする作用があるので、大腸の粘膜を傷つけてしまう
  • 胃でビートパルプが膨らんで胃捻転を起こす。

などの主張がありました。

薬品が残留している

ビートパルプを作る方法には2通りあって、てん菜を圧搾してしぼり残った繊維分を乾燥させる方法と、圧力をかける代わりに硫酸系の薬物で抽出するという方法があるそう。

Dr.ノブ

何を抽出するんだろう?とよく読んでみると”砂糖を抽出するため”とか”繊維分を抽出するため”とかサイトによって言っていることが違います。

薬物で抽出する方法は効率がいいからもっぱら使われていて、その薬物がビートパルプに残留して体に悪いという言い分です。

あるサイトでは残留物の作用が便を長くとどまらせて便秘になるとか。

軟便を隠す 便秘になる

  • ビートパルプは必要以上に便を固めてしまうので、軟便の症状を隠してしまう。なので、不調を見逃してしまう
  • 便が固くなりすぎて便秘になってしまう。

といった主張もされていますね。

犬に食物繊維は必要ない

あるサイトでは犬には食物繊維は必要ない。だからビートパルプは良くないそう。

別のサイトでは、ビートパルプには不溶性食物繊維しか含まれていないという記述も見つけました。

ネットの主張への反論:実際のビートパルプの働き

獣医師からみると上に書いたようなネットの主張の多くは疑問符のつくものです。

一つ一つ検証して、実際のビートパルプの働きについて解説しますね。

ただのかさ増しで使っているわけではない

かさ増しのためにビートパルプが使われているということがいくつかのサイトに書かれていました。

ビートパルプを使うと確かに安上がりではありますが、ただかさ増しするという単純な理由で入っているわけではありません。

ビートパルプ(繊維質)には以下のようにさまざまな作用があります。

  1. 満腹感が得られる(可溶性繊維)
    可溶性繊維は消化物の粘性を高めて(ドロドロの状態)、食べてから胃が空になる時間や小腸を通過する時間を長くします。
  2. 消化を遅らせて血糖値が上昇するのを防ぐ(可溶性繊維)
    小腸を通過する時間が遅れることと、粘性があることで栄養素が粘膜に達しにくくなることで消化吸収が遅れます。
    そのため食後の血糖値の上昇が緩やかになり、糖尿病を予防します。
  3. エネルギーを生産する(可溶性繊維>不溶性繊維)
    犬は繊維質を栄養として使えないと記述しているサイトがありましたがトンデモありません。
    繊維質は胃や小腸では消化されませんが、大腸では微生物の働きで発酵され多少のエネルギーを発生させます。
    また発酵により大腸粘膜の主要エネルギー源である短鎖脂肪酸(酪酸)を生産します。
    さらに結腸内細菌叢のバランスを正常化するプレバイオティクスとして働きます。
  4. 便を固める(不溶性繊維)
    不溶性繊維は構造を保ちつつ水分を保持するので便の形を保ち便量を増やします。
    逆に、可溶性繊維は量が多いと便がゆるくなってしまいます。
  5. カロリーを抑えることができる(不溶性繊維>可溶性繊維)
    繊維質を増やすとフード中のカロリーを減らすことができるため、同じ量を食べてもダイエットすることができます。
    満腹感も得られるため一石二鳥というわけです。
    (ネットではこの部分だけを取り上げて、かさ増しと言っているのです。)

前述したようにビートパルプには可溶性繊維と不溶性繊維がバランスよく含まれているので、これらの繊維の特性をすべて兼ね備えています。

あれ?話が違うな…。ビートパルプっていろいろ効果があるじゃん。

タロ

注意
中には嗜好性をあげるためにドッグフードに甘いビートパルプを使用しているというトンチンカンなサイトがありましたが、ビートパルプでは糖分はほぼ取りつくされています。
甘いなんてことはありません。(糖蜜添加ビートパルプなら多少甘いでしょう)
一般に繊維が多くなると嗜好性が悪くなるのです。
まったくの逆ですね。

繊維質が粘膜を傷つけることもない

繊維質の多いダイエット用のドッグフード(たとえばヒルズ社のr/dやw/d)を食べている子の便を見たことがありますか?

便の形はしっかりしているのですが、表面はカチカチではありません。

もろくて簡単に割れます。比重も軽い感じ。

繊維には水分保持作用もあるので乾いてカラカラというわけでもありません。

なので腸の粘膜が傷つくようなことはありえません。

ヒルズもロイヤルカナンも下痢用や便秘用の療法食にビートパルプを使っています。

腸が傷ついている状態の大腸炎でビートパルプを多く含んだw/dは効果的な療法食となります。軽い大腸炎ならw/dだけ食べさせておけば治ってしまいます。

腸を傷つける可能性のある原料を下痢や便秘の療法食に使うわけがないじゃないですか。

上に書いたように不溶性繊維は便を固める作用があり、可溶性繊維は便を軟らかくする作用がありますから、不溶性繊維のみを大量に与えれば便が固くなりすぎる可能性はあります。(それでも腸を傷つけることはありません)

あるサイトではビートパルプには不溶性繊維だけで可溶性繊維が含まれていないから便が固くなるとの記述がありましたが間違いです。

何度も書いているようにビートパルプには可溶性繊維と不溶性繊維の両方が含まれています。

MEMO
飲み込んだ砂や異物が便の表面に付いていれば、便が移動する間に粘膜を傷つける可能性はあります。
便だけで腸が傷つくことは通常ありませんが、極度の便秘で水分がほぼ抜けてしまった便(落とすとカランと鳴るくらい硬い)だと傷つける可能性はあります。
それでもきばって出す時に肛門付近の直腸に傷がつくくらいでしょう。

薬品は日本製では心配ない

てん菜から砂糖の作り方

甜菜糖の作り方

日本では、てん菜は北海道で年間20万トン生産されています。(輸入は40万トン)

日本でのビートパルプの作り方は、

  1. てん菜を裁断してお湯(65~75℃)で糖分を抽出します
  2. 糖分を抽出した後の繊維分を脱水
  3. さらに乾燥させる
  4. ペレット状に成形する

という順序です。

糖分はけっして搾って取り出しているわけではありません。

搾るのは糖分を抽出した後の残り滓(かす)を脱水する時。

また、残った繊維分を抽出する過程はありません。

ネットで見られる”砂糖を抽出するため”とか”繊維分を抽出するため”に硫酸系の薬品を使うというのは、何のことを言っているのでしょう?

日本では上の方法ですが、海外では糖分を薬品で抽出しているという可能性はあるかもしれません。

そこで、そんな製法があるのか文献を含めいろいろ調べてみましたが見つけることはできませんでした。

考えてみれば人が食べる砂糖を抽出するのに、害のある薬品を使って抽出するのはいいのでしょうか?そっちの方が問題ありそうです。

薬品を除去するのに余計にコストがかかってしまうと思うんですけどね。

”繊維分を抽出するため”については抽出する意味がわかりません。

そのまま乾燥させるだけなんですけど…。生のビートパルプがあるくらいですからどう考えてもそのままですよね?

輸入の場合ははっきりした資料がないので断定はできませんが、日本のビートパルプについては薬品は使っていないのははっきりしています。


追記

ドイツの論文でビートパルプ圧搾補助剤としての硫酸カルシウムを使用するという記述が見つかりました。厳密にはビートパルプとは呼ばずプレストパルプといいます。

ビートパルプの製造過程で脱水がありましたが、残り滓を脱水(圧搾)したものがプレストパルプ。

乾燥させるのがコスト高なため、脱水しただけのプレストパルプを利用するということです。

脱水率を高めるために圧搾補助剤を使ってできるだけ水分を抜いて利用しようというものみたいです。

つまり硫酸カルシウムを使用するのは糖分を抽出するのでも、繊維を抽出するのでもなく、脱水するためのものということです。

でも、この硫酸カルシウム、食品添加物にも含まれていて、豆腐の凝固剤としてポピュラーなものです。

生協のZリストにも含まれていません。

わりと安全なものみたいです。

”硫酸系の薬品”って、危機感を煽りすぎでしょう。

これを心配するのなら、農薬の残留の方がもっと問題だと思いますけど。

だけど原材料の野菜が無農薬というドッグフードは見たことがありません。

完全無添加で無農薬の「みらいのドッグフード」という製品がありました。

軟便を隠す?意味がわかりません

便の固さってワンちゃんによって個体差があります。

食べているフードによっても違ってきます。

普段からやわらかめの子だっているわけです。

何をもって軟便とするか?

それは普段の便の固さとの違いで診るんです。

たとえ繊維の多いドッグフードを食べていても、腸の調子が悪ければ普段の便とは違ってきます。

繊維の多いドッグフードを与えると症状を隠すほどに便が固まるなんてありません。

薬じゃないんですから。(薬でも止まらない下痢はいくらでもありますけどね)

普段からお腹をこわしやすい子や、便がやわらかめの子は治療としてドッグフードを繊維の多いフードに積極的に変えます。

軟便を隠すから繊維の多いフードはダメって、治療するなと言っているのと同じです。

消化器疾患用の療法食はいい便の状態を維持するために主食として与え続けることのできるものです。

また、ビートパルプを与えると便秘になるというのも論外です。

先に述べたようにビートパルプで便は増量し形がしっかりします。

そのため結腸に蠕動の刺激を与えて便秘になりにくくするのです。

ヒルズのi/d、w/d、ロイヤルカナンの消化器サポート(高繊維)は便秘の治療に用いますが、どれもビートパルプを使用しています。

便秘になるのではなく、便秘を治す効果があるのです。

注意
便秘が慢性悪化すると結腸の内腔が拡張し糞便が異常にたまる巨大結腸症という状態になることがあります。(猫に多い)
すでに巨大結腸症になってしまっている子に繊維(不溶性繊維)の多いものを与えると悪化させる可能性があります。

食物繊維は重要な働きをもつ

ここまでの説明で”食物繊維が犬に必要ない”なんていうのは真っ赤なウソだというのはおわかりですね。

犬の健康にとって食物繊維はとても大切なものです。

ビートパルプの問題点は別にある

ネットでの指摘をことごとく否定してきましたが、ビートパルプをもろ手でいいと褒めるつもりはありません。

ビートパルプの作用にいろいろなメリットはあっても、問題がないわけではありません。

ヒューマングレードではない

ビートパルプはあくまでも飼料やドッグフードの原材料として作られるもので、人が食べるためのものではありません。

愛犬には人が食べられるヒューマングレードのドッグフードを与えたいという飼い主さんにはおすすめできません。

理想を言えば、野菜(ヒューマングレード)をうまく配合して、可溶性繊維と不溶性繊維のバランス取ったドッグフードがベストです。

でも、それだとコストがかかるから最初からバランスの取れたビートパルプを使うんですよね。

Dr.ノブ

てん菜から繊維を抽出するビートファイバーというのはヒューマングレードで機能性食品などに利用されます。

遺伝子組み換え作物の可能性

ビートパルプは年間40万トン輸入されています。国産が20万トンなので6割以上が輸入に頼っているということです。

輸入のうち7割がアメリカ産のビートパルプ。

なので日本で利用されるビートパルプの約半分がアメリカ産です。

アメリカではてん菜の95%が遺伝子組換えの作物といわれています。

ということは輸入のドッグフードであれ、国産のドッグフードであれ、原材料にビートパルプが使われているものは、遺伝子組換え作物が入っている可能性がかなりあるということになります。

無添加ドッグフードを求めるような自然派の飼い主さんは、遺伝子組換え作物の安全性に疑問を持っている方が多いでしょう。

そういう方はビートパルプの入っていないドッグフードを選ぶのが無難です。

まとめ

ビートパルプの巷でいわれているようなリスクは見当違いなことばかりでした。

特にワンちゃんにとって害のある素材ではありません。

でも、無添加ドッグフードを探しているような自然派の飼い主さんにとっては、

  • ヒューマングレードではない
  • 遺伝子組換え作物が使われている可能性がある

という2つの点でビートパルプを原材料にしたドッグフードはおすすめできません。

でも、そこを気にしないのであれば、ビートパルプは健康面でプラスが多く、ドッグフードに入っていても問題の無い原材料だといえます。

ビートパルプの入っていないおすすめドッグフード

ビートパルプを使用していないドッグフードは数多く出回っています。

ただビートパルプを避けても、それが良質で安全なドッグフードとは限りません。

安全なドッグフードを選びたいのなら、ただビートパルプを使っていないだけではなく、無添加で原材料も人が食べられるレベルの高品質のものを使用した製品がおすすめです。

以下におすすめできる製品をまとめていますのでドッグフード選択の参考にしてください。

ヒューマングレードおすすめドッグフード