災害時に備えてペットキャリーに慣らす練習、クレートトレーニングをしておこう!

最近は地震や台風などの天災が続いてなんだか怖いですね。

不幸にも災害に遭われた方は大変な思いをされたことかと心を痛めますが、同じ狭い日本に住む身、他人事ではありません。

明日は我が身、いつ何時自分たちも災害にあうかもしれません。

備えは大丈夫ですか?

万一に備えて災害時用の飲み水や非常食を用意していても、避難のときの愛犬の環境のことまで考えている方は少ないんじゃないでしょうか?

ペットを飼っている方が避難したときに困ったこととして、ペットの居場所の確保に苦労したと口を揃えておっしゃいます。

そこで、普段からクレート(ペットキャリー)を愛犬が落ち着ける場所にしておくことで、緊急時にいつでも愛犬の居場所を確保することができます。

この記事では、最適なクレートのサイズとクレートトレーニングのしかたについて解説しています。

災害時以外にもいろいろあるクレートのメリット

災害時に避難所へ行ったことを想像してみてください。

知らない人がたくさんいる知らない場所へ、わけも分からずいきなり連れてこられて、愛犬は落ち着いていられるでしょうか?

不安から攻撃的になって家族や周囲の方に迷惑をかけるかもしれません。

たとえ大人しくしていても、愛犬には多大なストレスがかかり、中には体調を崩す子もいるでしょう。

しかし、クレートトレーニングすることで、クレートは日常の寝床、愛犬のもっとも安心できる場所となります。

緊急時には愛犬にとっての安全地帯になります。

なので、災害時に避難所へ行ったとしても、クレートの中では割と落ち着いていられるのです。

クレートは別に災害時だけにメリットがあるわけではありません。

以下のようなシーンで役立ちます。

  • 来客に吠えてしまう子なら来客時にクレートに入れておけます。
  • ちょっとした留守番なら、いたずらしないようにクレートに入れておくと安心です。
  • クレートごと運べば、お出かけにも重宝します。

人でもお出かけして疲れたとき、

「早くお家のベッドで横になりたい」

って思いませんか?

クレートトレーニングしておけば、愛犬がいつでもどこでも”お家のベッド”で横になれるようなものです。

理由もわからず、人間の都合で連れ回されたり閉じ込められたりするのはワンちゃんにとっては大きなストレス。

愛犬のためにもクレートトレーニングを行っておきましょう。

最適なクレートのサイズ

クレートは愛犬がリラックスする場所にするので、快適であることが必須です。

小型犬がお出かけするときに、よくキャリーバックが使用されますが、クレートとして使うには小さ過ぎます。

目安としては、クレートの中で楽に方向転換できるサイズが必要です。

かといって大きすぎると落ち着けませんし、中でトイレをしてしまう可能性もあります。

持ち運ぶのにも不便ですしね。

人間から見て「狭いかな?」と思うくらいで十分です。

材質はプラスチック製で扉以外が壁になったものが一般的です。

布製で軽いものもありますが、丈夫さから言えば劣ります。

金属製のオリになったケージは外が丸見えで落ち着かないのでNGです。

床には敷物を敷くようにして快適な空間にしてあげましょう。

クレートトレーニングの方法

クレートトレーニングでいちばん重要なのは”絶対に無理強いしない”ことです。

クレートを快適で安心できるスペースにするのですから、嫌な思いをさせてはいけません。

”嫌な思いをさせない”、”寂しい思いをさせない”というのは、トレーニングの各段階で常に気をつけないといけないことです。

そのため、クレートに慣れるまでは居間など家族がすぐそばにいる場所で行いましょう。

また、事前に食事やトイレ、散歩を済ませておいてから取り組みましょう。

実際の手順

手順1
クレートトレーニングの方法

たとえ家族がそばにいても、見慣れないクレートになかなか自分から入ろうとはしません。

最初はクレートの中におやつを入れておき、自発的に入るまで待ちましょう。

すぐに出てきてもかまいません。

またおやつを置いておき、クレートに入るのに自然と慣れるようにしていきます。

この時点ではドアは閉めません。

すんなり入るようになったら、入る瞬間に「ハウス!」と合図を言うようにします。

手順2
クレートで過ごす時間を増やす

クレートに入ることに慣れたら、クレートの小窓からこっそりおやつを入れます。

最初は頻繁に入れて

「この中に居れば、おいしいものが次々に出てくる!」

と思わせます。ワンちゃんにとって特別で快適な場所にしていきます。

その後はおやつを入れる回数を減らしていっても大丈夫です。

手順3
クレートの扉を閉めてみる

クレートの中に安心して入るようになったら扉を閉めてみましょう。

すかさずおやつを小窓から入れて、ここに居ればいいことがある、閉じ込められることは怖いことじゃないことを覚えさせましょう。

扉を閉めたとき出たそうにしたらすぐに出してあげて、クレートに悪い印象を持たないようにしてください。
「出して!」と吠える前に出すのがコツ。吠えてから出すと吠えれば出してもらえると学習してしまいます。

手順4
クレートに居る時間を伸ばす

扉を閉めてもクレート内でリラックスしているようなら、TVを観ているときや洗濯物を畳んだり料理をしているときに、扉を閉めたままクレートをそばに置いておき、たまにおやつを中に入れてあげます。

こうしてクレート内で過ごす時間を増やしていきましょう。

手順5
ひとりで居ることに慣らす

次にそばに人が居なくても大丈夫なように慣らしていきます。

人から離れたところにクレートを置いて、中に長時間持つガムやフードの入ったコングをクレート内に入れておきます。

クレートの中で眠ることができるようになればゴールは間近。

普段のベッドとしてクレートを使うようになればトレーニング完了です。

クレートトレーニングで注意すること

クレートトレーニングを成功させるためには、

愛犬にクレートを”快適で大好きな空間”と思ってもらうことが大切です。

裏を返せば、クレートで嫌な思いをさせない、嫌いにさせないことを心がけましょう。

クレートに慣れてきても長時間入れておくと、エネルギーが余ってストレスになります。

夜の間、眠るために入れておくのはOKですが、昼間はあまり長時間入れないようにしましょう。

前述のように出たがって吠える前に出してあげるのが重要です。

まとめ

一般的なしつけをきちんとしている飼い主さんでも、クレートトレーニングまでされている方はそれほど多くはいませんね。

狭いクレートに閉じ込めるのは人間の感覚からしたら可愛そうに思えますが、動物は囲われた狭い場所のほうが落ち着くものです。

人間社会の中で予期せぬストレスにさらされているワンちゃんの立場に立って、クレートトレーニングで万一のときやいろいろなシチュエーションで安心して居られるスペースを作ってあげてください。