【フィールドゲインズ ウルトラプレミアム】作りたてが食べられる工場直送の国産プレミアムドッグフード

フィールドゲインズは新鮮さにこだわった国産プレミアムドッグフード。

新鮮な素材を直接練り込んだ独自の製法と工場直送で作りたての商品が自宅に届くのを売りにしています。

Dr.ノブ

見た目は輸入フードっぽいですが、正真正銘の国産フードです。
国産では珍しい派手なパッケージだな。

タロ

フィールドゲインズのメリット or おすすめポイント

フィールドゲインズ ウルトラプレミアムを選ぶに値するメリットやおすすめのポイントをピックアップ!

  • 完全無添加
  • グルテンフリー(小麦不使用)
  • 肉副産物不使用
  • 工場直送の新鮮な商品が届く

Dr.ノブ

フィールドゲインズ ウルトラプレミアムが一般のドッグフードに比べて優れている点を見てみましょう。

完全無添加

人の食べ物でも添加物が入っていると気になるものですが、毎日同じものを食べ続けている愛犬のフードにはより気を使ってあげたいもの。

なので、安全性にこだわったプレミアムドッグフードでは、化学合成された人工保存料や着色料などを使わず、天然の保存料(ビタミンEやローズマリーなど)が代わりに使用されています。

フィールドゲインズは代わりの天然由来の保存料や酸化防止剤さえ使っていない完全無添加のフードです。

さらに栄養バランスをととのえるためのビタミンやミネラルも無添加とした徹底ぶり。

できるだけ素材から摂取できるように設計されています。

グルテンフリー(小麦不使用)

ワンちゃんでも食べ物に対してアレルギーを持っていることは珍しいことではありません。

飼い主さんが気づいていなくても、かゆみや下痢の原因になっていることはよくあります。

中でも小麦はアレルゲンになりやすく、そのためプレミアムドッグフードではアレルゲンとなる小麦を避けた製品が非常に多いのです。

フィールドゲインズも小麦を使っていないグルテンフリーのドッグフード。

アレルギーが気になるワンちゃんにも比較的安心して食べさせることができます。

MEMO
大麦と玄米粉が使用されているのでグレインフリー(穀物不使用)ではありませんし、大麦にもグルテンは多少含まれるので厳密に言えばグルテンフリーでもありません。
しかし、大麦は小麦ほどアレルゲンになりやすくはないので、問題になることは少ないのです。

肉副産物不使用

安い一般ドッグフードでは、コストを下げるためにチキンミールやポークミールのような肉副産物(羽、頭、足、骨、内蔵など)を利用して作られた素材が使用されています。

これらの素材はネットでは非常に叩かれていますが、リスクがあるというわけではありません。

ドッグフードの原材料に使われるチキンミールやポークミールって何?

ただし、家族同然に飼っている飼い主さんからしたら気持ちのいいものではないのは事実。

フィールドゲインズでは、動物性タンパク源としては魚粉以外はすべて生肉を使用。

肉副産物が入っている心配はまったくありません。

工場直送の新鮮な商品が届く

国産フードは、輸入フードのように長距離にわたる輸送や倉庫での留め置きがなく、比較的新鮮な状態で自宅に届くというのが大きな利点です。

フィールドゲインズではさらにすすめて、卸や小売りを間にはさまずメーカー直売。

工場で製造された製品がそのまま自宅に発送されるので、作りたての新鮮なフードを愛犬に食べさせることができます。

どんな良いフードも劣化してしまえば意味がありませんからね。

その他のメーカーのアピールポイント

上記以外にフィールドゲインズの公式サイトでメーカーがアピールしているポイントをまとめてみました。

  • 長期間販売・事故ゼロ
  • 生肉・魚肉を直接練り込む独自製法
  • 健康のための高タンパク設計
  • 再生油不使用
  • 胃腸を丈夫にする無発泡製法

フィールドゲインズのデメリット or 残念ポイント

フィールドゲインズ ウルトラプレミアムを選ぶ際に気になるデメリット面はこちら。

  • グレインフリーではない
  • ヒューマングレードではない
  • 開封後の賞味期限が短い
  • ライフステージ別になっていない

Dr.ノブ

新鮮なフードが自宅に届くフィールドゲインズ ウルトラプレミアムはほとんどのワンちゃんにおすすめできるのですが、もう少しこうして欲しいというデメリット面もあります。

ヒューマングレードではない

前述したように、フィールドゲインズは栄養添加物に頼らず、生肉や天然の食材でバランスよく作られたフードです。

肉副産物も使用されていませんが、公式サイトをチェックしても人間が食べられる品質であるとの記述は見つけられませんでした。

また、原材料表にあるコプラフレークはココヤシからヤシ油を取り出したあとの絞りカスのこと。

飼料に使われることはありますが、食用にされることはないようです。

なので、フィールドゲインズはヒューマングレードのフードではないと考えたほうがいいでしょう。

確実にヒューマングレードのフードを選ぶのならDr.ノブおすすめドッグフードから選びましょう。

開封後の賞味期限が短い

完全無添加のフィールドゲインズは保存が効きません。

特に開封後は日持ちしないので注意が必要です。

開封後の賞味期限は1ヶ月となっていますが、20℃以下に保存するという条件がついています。

冬場なら問題ありませんが、夏場では小分けにして冷蔵保存するなどの工夫がいります。

【いつでもバリバリ食べる】風味を逃さないドッグフードの保存方法

ライフステージ別になっていない

フィールドゲインズは全ライフステージ用ということで、成長期用のフードは用意されていません。

幼犬は成犬に比べ多くの栄養を必要とし、全ライフステージ用だと1回量がどうしても多くなってしまいます。

たいていの子犬は適応しますが、中には吐いてしまったり便がゆるくなってしまうことがあります。

できればライフステージ別に作って欲しいところです。

フィールドゲインズの口コミ評価は?

新鮮でこだわりの国産ドッグフードのフィールドゲインズですが、口コミ評価はどうなっているでしょう?

まずは良い評価から。

食いつきがバツグン。

便の調子がいい。

食べ残しなくきれいに食べる


食いつきや便の状態は良いという評価が多いです。

次に悪い口コミ。

粒が一部粉末状になっていた。

食べてくれなかった。

一定数は合わなくて食べないワンちゃんはいるようです。

Dr.ノブの見解:作りたてを食べさせることができるけど保存に注意

作られてから新鮮なうちに食べさせることができるのは国産フードの利点ですが、フィールドゲインズはさらにすすめて工場直送で作りたてのフードを愛犬に与えることができます。

ヒューマングレードではないことは残念ですが、素材も生肉だけで風味の良さ食いつきの良さも期待できます。

ただし、完全無添加で保存料が天然由来のものさえ使用されていないので、開封後の保存に気をつける必要があります。

また、メーカーは多種類の動物種の肉を少量づつ使用することでアレルギーが起こりにくいと言っていますが、そのようなことはありません。

むしろ何らかの動物性タンパク源にアレルギーを持っていた場合、多種類を食べることでアレルゲンを食べる可能性が増えてしまいます。

さらに食物アレルギーの感作は子犬時代に起こると考えられているので、子犬に食べさせるとアレルギーを獲得する可能性も高くなるかもしれません。

アレルギーが気になるワンちゃんに食べさせるのは避けたほうがいいかも。

フィールドゲインズウルトラプレミアム ドッグフード3kgお試し用 サンプル販売品

価格:1,306円 (2018/7/11 14:48時点) 感想(21件)

フィールドゲインズの原材料と栄養成分

フィールドゲインズ

原産国 日本
ライフステージ 全ライフステージ
原材料 生肉(牛、鶏、馬、豚、魚肉)、大麦全粒粉、魚粉、サツマイモ、ジャガイモ、玄米粉、
コプラフレーク、植物油脂(菜種油、ひまわり油)、ゴマ、グレインソルガム、コーングルテン、
ビール酵母、ホエイ蛋白、海藻粉末、脱脂粉乳、オリゴ糖、カルシウム粉末、
L-リジン、DL-メチオニン、乳酸菌群
成分 タンパク質28%以上、脂質10%以上、繊維4%以下、灰分5%以下、水分10%以下
添加物 フリー
グレイン 大麦、米
グルテン フリー
内容量 1kg、2kg、3kg、6kg、9kg
エネルギー(100gあたり) 400kcal
価格 3,121円 [3kg 税込、送料別]
単価(100g) 104円
販売会社 スパット 公式サイト

※犬種別は僕自身はあまり意味が無いと思っているので、この表には取り入れていません。

犬種専用のドッグフードって本当に必要なの?

フィールドゲインズ