ドッグフードや投薬用フードをうまく使えば手こずる投薬が簡単に!

病院へ行って薬をもらったものの、薬を頑として飲まなくて困った経験はありませんか?

せっかくの治療薬も飲んでくれなければ病気を治すことはできません。

最近はビーフや魚のフレーバー付きの薬が増えたので以前よりは与えやすくはなっていますが、まだまだフレーバーの付いていていない薬が大半です。

しかもそのフレーバー付きの薬さえ飲んでくれないワンちゃんも少なくありません。

この記事では薬を飲んでくれない愛犬に苦労されている飼い主さんのために、投薬の方法についてまとめてみました。

基本は直接口の中に入れて飲ませる

投薬の基本は直接口の中に薬を入れて飲ませることです。

この方法の利点は

  • 確実に飲んだことを確認しやすい
  • ロスが少ない(フードに混ぜた場合は食べ残すと飲み残しが出る)
  • 手間が少ない

ことです。

コツをつかめばそれほど難しいことではありません。

これまで投薬に苦労されていた方も、正しい方法を知らなかったからできなかっただけなのかも。

ただし、

  • 噛み癖がある
  • 抵抗が激しい

というワンちゃんでは犬も人も怪我をする可能性があるので他の方法で投薬したほうがいいでしょう。

錠剤の投薬のしかた

  1. ワンちゃんを座らせて、その斜め前に位置しましょう。
    ※後ずさりして逃げるのなら台の上に乗せるか誰かに体を持ってもらいましょう。
  2. 片手で上顎(うわあご)を上から包むように持ちます。(親指が鼻側)
  3. もう一方の手で錠剤を持ちます。(指先で)
  4. 上顎を持ち上げるようにし、もう一方の手で下顎(したあご)を引き下げ口を開けます。
  5. そのまま指先に持った錠剤をできるだけ口の奥へ入れます。(舌の根付近)
  6. 口を閉じさせ鼻先を上に向けて喉をさすります。

Dr.ノブ

この時に鼻先に息を吹きかけたり、スポイトなどで少量の水を垂らすと飲みやすくなります。
舌先をペロッとしたら飲んだサイン。
口に何かが引っかかったような仕草をしていればまだ飲んでいません。

粉薬の投薬のしかた

  1. 錠剤の時と同様に位置します。
  2. ほっぺたの口唇を外側に引っ張り奥歯の外側が見えるようにします。
  3. そのほっぺたと奥歯の間のスペースに粉薬を流し込みます。
  4. ほっぺたを外からマッサージして唾液と混ぜて飲み込ませます。

Dr.ノブ

やはり少量の水を垂らしてあげると飲んでくれやすくなります。
水に溶ける薬ならスポイトで犬歯の後方に差し込んで飲ませることもできます。

ペピーさんのホームページでは写真付きで投薬方法を見ることができます。

参考 犬猫の薬の飲ませ方PEPPY

少量のウェットフードに混ぜる or ふやかしたドライフードに混ぜる

直接、口の中に投薬するのが無理なら食べ物に混ぜて飲ませる方法を取ります。

錠剤

ドライフードにそのまま入れてしまう方が結構いるのですが、たいてい薬だけ残すか吐き出してしまいます。

錠剤を飲ませるのならウェットフードを使いましょう。

少量のフードを団子状にして錠剤を埋め込んで食べさせます。

普段、ドライフードを食べている子ならウェットフードはよろこんで食べてくれる事が多いので薬を入れてもたいてい食べてくれます。

しかし、その際には注意することが2点。

  • お腹が空いている時に与える(食後の服用指定のない場合)
  • 薬の入っていないフードを1つ2つ与えてから薬入りを食べさせる

確実に飲んでもらうために食べたい意欲が最高潮のときに与えるのがコツです。

ドライフードしかない場合はふやかして団子状にしましょう。

粉薬

粉薬も基本は同じです。

量が少なければウェットフードにふりかけるだけでも大丈夫です。

量が多い場合はフードに練り込むようにしましょう。

※できるだけフードは少量にしておかないと食べ残すと薬も残ってしまうので注意!

Dr.ノブ

粉薬の場合は薬の味がダイレクトにするので、混ぜると食べないケースも。
その場合は次に上げる投薬用のフードに練り込んで口に塗り込みましょう。

投薬用のフードに埋め込む

ちゅーる投薬用

今は投薬のためのフードがいろいろ販売されているので、それらを使うとウェットフードを使わなくても手軽に投薬できます。

上の写真は動物病院でしか手に入らないですが「ちゅーる投薬用」という商品です。

市販の猫用チャオちゅ~るは麻薬でも入っているのではないかと思うくらい異常な食いつきを見せるのですが、犬用ちゅーる投薬用もその食いつきは健在です。

粘性が高いので錠剤を包むのも粉薬を練り込むのもどちらにも使えます。

そのまま食べてくれない場合は歯ぐきに塗り込んで食べさせることもできます。
(錠剤は砕いて粉にしておく必要があります。)

ご入用の方は1本80円前後なのでかかりつけの病院で聞いてみてください。

その他にもネットで固形タイプやゼリータイプの投薬用フードが購入可なので、薬を飲ますのに手こずっているのなら試してみてはどうでしょう。

まとめ

基本は直接飲ませる方法ですが、無理なら食べ物をうまく使いましょう。

薬の中には空腹時投与の指示があるものもありますが、飲まないよりかは食べ物を使ってでも飲んだほうがましです。

積極的にフードを利用しましょう。

投薬用フードを使えばより手軽に投薬できます。

ただし日頃食べているフードを使う場合は注意が必要です。

薬のにおいを嫌って食べないことがあると、薬の入っていないフードも食べなくなることがあります。

投薬専用に全く違うフードを使うのが無難でしょう。