ドッグフードはグルテンフリーがベストなの?

近頃は人の食事でグルテンフリーという言葉をよく耳にしますね。

実はワンちゃんの食事でも、無添加ドッグフードのように素材にこだわった製品では、グルテンフリーをアピールしたフードがたくさんあります。

グルテンフリーによく似た言葉にグレインフリーというのもあります。

この記事では、グルテンフリーあるいはグレインフリーというこの言葉が一体何を意味しているのか?と、愛犬のフードはグルテンフリーであるべきなのかについて解説しています。

Dr.ノブ

今や、質のいい無添加ドッグフードではグルテンフリーは当たり前になっていますね。
ぼくの食べているフードはどうなんだろう?

タロ

グルテンフリーのグルテンとは?

こねると粘るグルテン

グルテンとは小麦や大麦、ライ麦などに含まれるグリアジンとグルテニンという2つのタンパク質が、水分の存在下で反応してネットワーク状に結合したタンパク質複合体のことをいいます。

小麦粉を水で練ると出てくるあの粘りの正体がグルテンです。

このグルテンの粘りがあるおかげで、パンの生地を練って発酵した時に、ガスが閉じ込められて生地が膨らんでいくのです。

Dr.ノブ

グルテンは簡単に言えば、小麦や大麦、ライ麦に含まれる植物性タンパク質のことと考えてもらっていいです。

グルテンフリーとグレインフリーの違いは?

グルテンフリーとは、原料としてグルテンのもとになる小麦、大麦、ライ麦などを使用していないことを指しています。

MEMO
ただし、問題になるのはほとんどが小麦グルテンなので、大麦やライ麦を使っていても小麦を使っていなければグルテンフリーと呼んでいることが多いですね。

品質にこだわったドッグフードでは、グルテンフリーではなくグレインフリーという表示がされている商品がありますね。

グレインというのは穀物のことで、一般に麦類のほか米やトウモロコシなども含まれます。

つまり、グレインフリーとは小麦に限らず、穀物類を一切使用していないという意味です。

米やトウモロコシはグルテンを作らないので、厳密にはグルテンフリーとグレインフリーは別なのですが、商品のセールスの上では同じような意味で使われています。

MEMO
広い意味では穀物にトウモロコシや豆類も含まれますが、ドッグフード業界ではイネ科植物(小麦、大麦、米など)を使用していなければグレインフリーと呼ぶことが多いようです。

Dr.ノブ

後述するように、グルテンフリーやグレインフリーはアレルギーになりにくいことを期待したものです。
なので、製品がアレルギーに配慮していることをアピールする意味で表示されているのです。

ドッグフードに小麦が使用されているとワンちゃんにどのような影響がある?

ワンちゃんにとって小麦(グルテン)は過剰な免疫反応を起こしやすい物質で、以下のようなトラブルが出る可能性があります。

グルテン性腸症

グルテン性腸症はアイリッシュセッターでみられる病気で、時々、下痢をしたり、食べているのに体重があまり増えないなどの症状が見られます。

小腸粘膜の絨毛(顕微鏡レベルの粘膜にある毛のような突起)が萎縮し、粘膜にある酵素が欠損していて、グルテンに対する過敏症が起こります。

人のセリアック病によく似た病気です。

セリアック病とは?

グルテンによって生じる免疫性疾患で小腸粘膜に炎症が起こる病気です。
そのため栄養吸収がうまくできなくなって栄養不良になったり、腹痛や下痢、便秘などの症状が出ます。
治療法はなく、グルテンフリーの食事を続けることで症状を改善することができます。

小麦による食物アレルギー

人では小麦は三大アレルゲン(卵、牛乳、小麦)と五大アレルゲン(卵、牛乳、小麦、大豆、米)の両方に入っているほどアレルギーを起こしやすい食物で、成人の食物アレルギーのアレルゲンにもっともなりやすい食品。

ワンちゃんにおいても、小麦はアレルギー反応を起こしやすい食べ物として知られています。

小麦に対するアレルギーを持っているワンちゃんが小麦を含んだフードを食べると、皮膚にアレルギー症状が出て痒がったり、お腹を下しやすくなったり、便の回数が増えます。

食物アレルギーの症状を詳しく書いた記事もありますので参考にしてください。

食物アレルギーでみられる症状の特徴を解説!

日本のグルテンフリーと海外のグルテンフリーでは基準が違う!?

欧米ではグルテンフリーというと、セリアック病の人へ配慮した食事として考えていて、食品中にグルテンの含有量が20mg/kg以下であればグルテンフリーとして表示できます。

セリアック病ではこのレベルのグルテンフリーで症状が改善されるのですが、食物アレルギーではさらに微量のグルテンでも症状があらわれることがあります。

なので、輸入品でグルテンフリーと表示されていても、食物アレルギーは起こってしまう可能性があるのです。

これは人の食品での話ですが、ドッグフードに関して人より厳密ということは考えにくいので、欧米から輸入されたドッグフードはグルテンフリーであってもグルテンが混入している可能性は無いとはいえません。

一方、国内では人の食品で数mg/kg以下の微量であっても小麦が混入していれば小麦アレルギー表示をしないといけないことになっています。

しかし国内産であってもドッグフードは食品の規制を受けないので、小麦の混入はあり得るかもしれません。

輸入品と国産のどちらにせよ、グルテンフリーの表示があっても厳密に小麦が入っていないかどうかは、メーカーの取り組み次第ということになります。

現時点で皮膚やお腹に問題なければ必ずしもグルテンフリーである必要はない

流行りのグルテンフリードッグフードをワンちゃんのために主食として使ったほうがいいのでしょうか?

たとえば、

”体をかく仕草をよくしていて食物アレルギーがあるかもしれない”

”1日に3回以上うんちをする”

という食物アレルギーが疑われる症状がすでに出ているワンちゃんや

アレルギーの出やすいといわれている犬種

の子なら、積極的にグルテンフリーのドッグフードを選ぶことは有効かもしれません。

しかし、その他のワンちゃんでは必ずグルテンフリーのドッグフードを与えなければいけないというわけではありません。

飼い主さんが食物アレルギーに気づいていないことも少なくないですし、小麦はアレルギーの原因として多いですからメリットがないとはいいませんが、おやつなど他の食べ物もすべてグルテンフリーにしなければ意味がありません。

しかも食物アレルギーは小麦以外のアレルゲンでも普通に起こりますから、グルテンフリーを与えていてもアレルギーにならないということではありません。

労力の割に期待できる効果がそれほどでもないのです。

現時点で食物アレルギーのリスクが高い子でないのなら、グルテンフリーは必須ということではないのです。

まとめ

グルテンフリーはアレルギーの可能性を減らすためにドッグフード選択の条件にすることは有効ですが、健康なワンちゃんに必須の条件というわけではありません。

あまりこだわるとドッグフード選択の幅が限られてしまいます。

添加物や原材料を第一の基準に考えて、その上で”グルテンフリーであればいいかな”ぐらいの気持ちで選びましょう。

↓こちらの記事に輸入と国産のおすすめ無添加グルテンフリー ドッグフードを紹介しているので参考にしてください。

グルテンフリー(小麦不使用)のDr.ノブおすすめ無添加ドッグフード