イギリスでペットショップでの子犬・子猫の販売が禁止に!

動物愛護先進国のイギリスでは、今年の10月からペットショップなど第三者による子犬・子猫の販売を禁止にする方針。

目的はあくまでも子犬・子猫の福祉を守るため

子犬や子猫の時期に飼い始めるのは、ペットを迎えようとする人にとっては非常に魅力的ですが、早い時期に母親から離されてしまうことはペットの側にしてみればとてもつらいこと。

母親や兄弟とともに過ごしていくことはペットの心の安定や社会性を育むために必要な時間です。

日本でも動物愛護法改正によって8週齢(生後56日)以下の子犬を展示・販売禁止するとなっていますが、8週令を読み替えて実際には生後49日を過ぎたら展示・販売されているのが現状。

参考 マンガで見る動愛法公益財団法人動物環境・福祉協会Eva

動物愛護先進国のイギリスではさらに進んで、子犬・子猫(生後6ヶ月以下)の展示・販売を禁止する方針。

イギリスの環境大臣Michael Goveは

People who have a complete disregard for pet welfare will no longer be able to profit from this miserable trade.

ペットの福祉を無視するものはもはやペット販売で利益を得ることはできないだろう

引用:The telegraph

と言っています。

これは第三者による販売を禁止するものなので、子犬を買いたい場合はブリーダーや飼育者からの直接取引に限定されることになります。

ペットショップすべてが悪質というわけではありませんが、日本での子犬や子猫の扱いはひどいものが多いです。

海外に比べ日本で問題行動のある犬や猫が多いのも、早期に母親から離されることと無関係ではないでしょう。

twitterの反応

日本でも早く導入されるといいですね。