グルテンフリー(小麦不使用)のDr.ノブおすすめ無添加ドッグフード

プレミアムドッグフードでは、人工添加物不使用の無添加ドッグフードであることは基本の基。

各商品はそれ以外にもいろいろと一般ドッグフードにはない愛犬のことを第一に考えた特色を持っています。

中でも、小麦を使用していないグルテンフリーであることは飼い主さんからのニーズも非常に多いものです。

以下の記事で書いたように、グルテンフリーであることはいいドッグフードの必須条件ではありません。

痒みがなくても低アレルゲンのドッグフードを与えたほうがいいの?

しかし記事にあるように、初期の段階でアレルギー体質であるかどうかの判断は難しいもの。

それなら安心を得るために最初からグルテンフリーのフードを与えておくというのもありです。

無添加ドッグフードでグルテンフリーという条件だけでは、とても多くの製品があります。

そこでさらに条件を付け加えて、条件別におすすめのドッグフードをピックアップしましたので、購入決定の参考にしてください。

【モグワン】コスト・原材料品質・高タンパク質とバランスの取れたグレインフリードッグフード

モグワン

一口に無添加ドッグフードといっても栄養添加物も一切入っていない完全無添加から人工保存料・着色料不使用まで幅があります。

また無添加ドッグフードであっても、原材料の品質レベルは人が食べられるレベルのヒューマングレードから肉副産物やビートパルプを使用している製品もあります。

タンパク質の量もAAFCOのガイドラインをクリアしていても、どれだけタンパク質が高くなっているかは製品によって変わり、意外に低いものから非常に高タンパクのものまでさまざまです。

どれも高レベルで実現しているものもありますが、そうすると当然、価格まで高レベルになってしまいます。

商品を選ぶ時どこに折り合いをつけるかがとても悩むところなのです。

モグワンはこれらのポイントをバランスよく高レベルで実現している無添加ドッグフード。

はじめて無添加ドッグフードを選ぶのなら、失敗の少ない製品でおすすめです。

輸入フードでもかまわないのなら、最有力のグレインフリードッグフードといえます。

モグワン

安全性・食いつき・価格のバランスが取れていて、失敗の少ない無添加ドッグフードです。


材料はすべてヒューマングレード
グレインフリーで低アレルゲン
動物性タンパク質(チキン・サーモン)が50%以上
人工保存料・着色料不使用   保存料に天然由来のビタミンEのみ使用
パッケージが1.8kg1種類のみ

【ナチュロル】数少ない国産のグレインフリードッグフード

なぜか国産の無添加ドッグフードは穀物を使用している商品がとても多いんです。

小麦グルテンフリーのものは多いですが、大麦やオーツ麦を使っている場合がけっこうあります。
(小麦ほどアレルギーのリスクはないですが大麦やオーツ麦にもグルテンは含まれます)

中には小麦が第1主原料になっているものさえあります。

なので、完全にグルテンフリーの商品となると限られ、さらにグレインフリー(穀物不使用)となるとほとんどありません。

そんな中で、国産無添加ドッグフードのナチュロルは数少ないグレインフリー。

原材料もヒューマングレードで品質レベルが高く、安心・安全なフードとして高レベルの製品です。

そのかわり価格も高レベルなのが玉にキズ。品質の高いものは価格も高くなるというのは仕方のないことではありますが…。

国産でグレインフリーの無添加ドッグフードとなるとナチュロルぐらいしか選択肢はないでしょう。

ナチュロル

国産無添加でグレインフリーのドッグフードです。


穀物類を一切使用しないグレインフリー
人間が食べられる品質の原材料飲みを使用
新鮮なまま手元に届く安心の国内製造
パッケージサイズが850gの小袋のみ
かなりコスト高

【POCHI ザ・ドッグフード 3種のポルトリー】安価な輸入グルテンフリードッグフード

無添加のグルテンフリードッグフードは愛犬にとって安心・安全なぶん、コストはどうしてもかかってしまうものです。

ある程度は仕方ないですが、これからずっと与え続けていくわけですからできるだけコストは下げたいですよね。

POCHI ザ・ドッグフード 3種のポルトリーはオランダ産の無添加グレインフリードッグフード。

原材料の品質は他のプレミアムフードほどのこだわりはありませんが、肉副産物やビートパルプなどは一切使用せずほぼヒューマングレードと言っていいレベルです。

それでいて価格的にはもっともお財布にやさしい部類の製品です。

無添加グレインフリードッグフードは予算的になかなかきびしいけれど、愛犬のためになんとか使ってみたいという方におすすめです。

POCHI ザ・ドッグフード 3種のポルトリー

お財布にやさしい無添加グレインフリードッグフードです。

穀物類は一切不使用のグレインフリーで安心
無添加グレインフリーとしては低コスト
チキンミールなどの肉副産物不使用
完全なヒューマングレードではない
低カロリーなので肥満犬向き

 

【セレクトバランス アダルト チキン】ビートパルプは使用しているけど最も安いグルテンフリードッグフード

セレクトバランス アダルト チキン

無添加は譲れないけど原材料にヒューマングレードまでは求めないということであれば、コストをかなり抑えることができます。

安全性という面だけで言えば、ミール類を使っていてもビートパルプを使っていてもリスクがあるというわけではありませんからね。

無添加でグルテンフリーでも、ミールやビートパルプの使用もありにするなら選択の幅は大きく広がります。

ただし、国産で無添加・グルテンフリーはやはり少なく、ほとんどが輸入からの選択になります。

セレクトバランス アダルト チキンは、中でももっとも低価格の部類。

無添加でグルテンフリーは外せないけれど、安全でさえあれば高品質の材料までは望まないのならおすすめです。

【セレクトバランス アダルト チキン】の原材料と成分を評価!