ドッグフードの給与量はどうやって決める?与える回数は?

ワンちゃんは犬種や年代、生まれつきの体格、活動性、オス・メスの違い、避妊・去勢の有無などで消費するエネルギーは異なります。

人の食べる弁当や定食のように誰でも1食分が同じ量というわけにはいきません。

その子に条件に合わせて最適になるように、適宜、給与量を加減する必要があります。

この記事ではドッグフードの給与量や与え方について解説しています。

Dr.ノブ

与えている製品によっても量は変わります。
できれば多めでお願いします。

タロ

ドッグフードの給与量は?

どんなドッグフードでも給与量の目安がパッケージに記載されています。

まずは愛犬の体重をもとに計算して、出てきた給与量を与えてみましょう。

給与量はパッケージの指示を参考に加減する

ドッグフード

パッケージに記載の給与量は絶対的なものではなく、あくまでも平均的な量に過ぎません。

人に置き換えればわかりやすいですが、同じ体格の人でも食べる量は千差万別ですよね。

食べる量は倍ほど違うのに体格はあまり変わらないという人はよくいます。

その差は運動をしている人と一日中部屋に閉じこもっている人のように1日の消費カロリーが全く違うのかもしれません。

あるいは消費カロリーは同じでも、腸の強い人とすぐに下してしまう人のように消化効率が違う場合もあるでしょう。

ワンちゃんでも同じで、飼われている環境や体質などで必要な栄養量は変わってきます。

パッケージに記載の給与量をベースに、その子に合うように適宜増減してあげてください。

Dr.ノブのアドバイス

食事を与えたらあっという間に食べてしまって、いつまでも名残惜しそうに食器から離れないようなら、少なすぎるのかもしれません。
逆に、満足した様子になったのにフードが残っているようなら多すぎる可能性があります。
長期的には皮下脂肪の付き具合や体重の変化で判断しますが、短期的には上のような様子から判断しましょう。

年代別(ライフステージ別)にフードを変える or 給与量を変える

いろいろなライフステージの犬

成犬期のワンちゃんへの給与量は前述のような方法で決めると良いですが、成長期やシニア期など他の年代のワンちゃんでは、当初から補正してフードを与える必要があります。

たとえば同じ体重10kgのワンちゃんでも離乳期と成長期と成犬では、必要なカロリーは次のように違ってきます。

  • 離乳期・・・1500kcal程度
  • 成長期・・・1100kcal程度
  • 成犬・・・700~800kcal

このように離乳期と成犬では同じ体重でも、必要なカロリーは倍ほども違ってくるのです。

でも離乳期で10kgというとかなりの大型犬で、成犬で10kgというと柴犬くらい。

ちょっと比較しにくいので今度は柴犬クラスのステージ別でのカロリーを比べてみましょう。

離乳期3kg、成長期5kgの体重と仮定すると

  • 離乳期体重3kg・・・600kcal程度
  • 成長期体重5kg・・・650kcal程度
  • 成犬期体重10kg・・・750kcal程度

という具合に、幼い時期と成犬では必要なカロリーはそれほど変わりません。

発育する時期はたくさんのエネルギーを消費するので、小さな体の割にたくさんのカロリーを補給してあげないといけないのです。

逆にシニア期に入ると若い頃のようには動き回りませんので、消費カロリーは徐々に減っていきます。

それぞれの年代によってもフードの給与量は適宜調節してあげないといけないということです。

いまはライフステージ別のフードもいろいろと販売されているので、それらを利用してもいいでしょう。

Dr.ノブのアドバイス

ライフステージ別のフードは必ず使わないといけないものではありませんし、指定の年齢になってすぐに切り替えないといけないものでもありません。
人間の大家族が各世代一緒に同じものを食べていても問題はないように、必要な栄養量を調節すればいいのです。
良質なドッグフードなら飼い主さんが適切な量に調節して、全年代に与えてもほとんど問題になることはないでしょう。

避妊・去勢後はセーブ気味に与えましょう

太り過ぎの犬

ライフステージ以外にカロリー摂取量に気をつけてあげたいのが、避妊や去勢の手術を受けた後です。

俗に避妊や去勢をした後は太りやすい体質になるといわれ、実際に手術後には多かれ少なかれ体重が増えてしまう子がほとんどです。

オスの場合は、筋肉を発達させる雄のホルモンであるテストステロンが無くなることで、太りやすくなるということが考えられます。

さらにメスとオスのどちらも、周期的に起こる発情や性行動は食欲を落としエネルギーの消費を増やします。

そのような体の変化や行動が無くなることで、性行動で消費されていたカロリーが消費されなくなることも肥満の一因と考えられます。

なので、避妊や去勢手術を受けた後は、それまで与えていたドッグフードの量をある程度減らしてあげないといけません。

犬は去勢・避妊をすると太りやすくなる!予防するための対策は?

ドッグフードの与え方は?

ドッグフードが待ち遠しい犬

ドッグフードは量さえあっていればいいものではありません。

与える回数やタイミングなども配慮しましょう。

一般的な食事の回数

ワンちゃんに食事を与える回数もライフステージによって変えていく必要があります。

先ほど言ったように、成長期の子はたくさんの栄養が必要です。しかし、体が未成熟なため一度に食べられる量は少ないのです。

必要な栄養を少ない食事回数で与えると1回分の食事量が多くなり、胃腸へ負担がかかって嘔吐や下痢の原因になってしまいます。

幼ければ幼いほど、回数を増やして与えるようにしましょう。

目安としては

  • 2~3ヶ月:4~5回
  • 4~5ヶ月:3~4回
  • 生後半年 :2~3回
  • 成犬   :2回

くらいに分けてあげましょう。

Dr.ノブのアドバイス

大型犬では1日1回でも問題はありませんが、大型犬は胃が大きくなると胃捻転になりやすくなるのと、飼われているワンちゃんにとって食事は大きな楽しみなので、できれば2回に分けてあげてほしいですね。

犬の1日の食事回数は何回が正解?

決まった時間に与える

ドッグフードは決まった時間に与える

食事を与える回数が決まったら、時間も決めて規則正しく与えるようにしましょう。

不規則だとワンちゃんはいつ食べ物にありつけるかわからないため、がっついて食べてしまいます。

特に食事の間隔が開いてしまったら空腹で一気食いしてしまうでしょう。

また、食事と尿意や便意は連動する傾向にあります。

食事が不規則だと散歩を待たずに粗相してしまったり、散歩に行ってもトイレをしてくれなかったりします。

散歩の時にちゃんとトイレをして欲しいのなら、規則正しい生活リズムを作ってあげないといけません。

Dr.ノブ

ただし、決まった時間に食事を与えると太りやすいと言われています。
太り気味のワンちゃんでは、場合によっては食事時間をランダムにするほうがいいかもしれません。
犬は食事回数が多いほど太る?それとも少ないほうが太る?

食事は散歩後に与える

犬の散歩

人だと食べた後に軽く運動がてら散歩をするというのもいいですが、ワンちゃんの場合は散歩から帰ってきてからドッグフードをあげることをおすすめします。

食べてから散歩に行くと、道に落ちている変なものを食べることが減る(お腹一杯なので)というメリットはあります。

しかし、胃が膨れたまま運動するというのは体にとってあまり良くありません。

散歩といっても人間より歩幅の狭いワンちゃん(特に小型犬)ではけっこうな運動になります。

胃がパンパンのまま運動をすると食べたものを吐いてしまう可能性があります。

また先に述べたように大型犬の場合は、胃が大きくなっている状態で運動をすると胃捻転を起こしやすくなります。

なので、食事は散歩のあとで与えるのがベターでしょう。

Dr.ノブ

胃捻転になったら、たまっているガスを抜いてあげるだけで落ち着くこともありますが、手術で胃のねじれを戻さないといけないことが多くあります。
遅れると手術をしても心臓に異常が出て死亡してしまう恐い病気です。
犬の食事は散歩に行く前と帰ってからのどっちの方がいい?

ドッグフードを与える時の注意

愛犬の健康を守るために、ドッグフードを与える時にはちょっとした配慮をしてあげましょう。

器は常にきれいに!

食欲旺盛なワンちゃんはフードのクズが残らないほど、最後まできれいに食べきってくれます。

でも、見た目にきれいになっていてもフードのクズや唾液などは残っているものです。

そのまま時間が経つと雑菌が繁殖してきますので、ドッグフードを入れる器は食事の度にきれいに洗ってあげてください。

水気が残っているとフードが湿気で傷みやすくなるので、器が十分乾燥してから新しいフードを入れるようにしましょう。

残っていても継ぎ足さない!

与えたドッグフードを食べきらずに残してしまう場合があります。

そのうち食べるだろうとそのままにしたりしますが、次の食事まで残っていてもそこにフードを継ぎ足すようなことはしないでください。

食べ残しのフードにはワンちゃんの唾液が付着して雑菌が繁殖しているかもしれません。

残っていても必ず処分して、器を洗ってから新しいフードを入れてあげてください。

Dr.ノブのアドバイス

30分経っても食べ残しているような場合は、さっさと器を下げてしまったほうがいいでしょう。
そのままにしてダラダラ食べるのを許していると、それが習慣になって一度に食べきることをしなくなります。
フードを下げて、次回の食事まで与えないようにしましょう。
もしそれでも毎回残してしまうのなら、体調が悪くて食欲がないのかもしれませんのでかかりつけの病院に相談しましょう。

おやつを与えすぎない

おやつ(間食)は、飼い主さんとワンちゃんがコミュニケーションを取るのにとても役に立ちます。

一般にドッグフードよりもおやつを好むワンちゃんの方が多いですから、喜ぶからといっておやつを与えすぎないように注意しましょう。

できるだけしつける際のご褒美として与えるようにして、与える量も1日の必要なカロリー量の20%以内にとどめるようにしましょう。

人の食べ物をおやつ代わりに与えるのは止めましょう。
偏食になってドッグフードを食べなくなってしまいます。

Dr.ノブのアドバイス

ワンちゃんからしたら食事とおやつという区別はありません。
なにもない時に与えていると、おやつはドッグフードよりおいしい”食べ物”でしかありません。
ドッグフードを食べずに、よりおいしい”食べ物”であるおやつばかりを欲しがるようになります。
なので、ご褒美にだけ与えるようにすれば、おやつはただの”食べ物”ではなく”賢くしていればもらえるもの”として認識してくれるはずです。

おやつと食事ははっきり区別を!おやつのやり過ぎ注意!

銘柄をコロコロ変えない

一旦、ドッグフードが決まって食べだしたら、むやみに製品を変えないようにしましょう。

ワンちゃんによっては、フードが変わるだけで食欲が減ったり、便がゆるくなったり、時にはフードを吐いてしまうことが珍しくありません。

普段からドッグフードをコロコロと変えていると、いざ病気で食欲がなくなったりお腹の調子が悪くなったりしても、フードのせいなのか体調が悪いのか判断しにくくなります。

普段からドッグフードを一定にしておけば、食欲の変化や消化器症状が出た時に、すぐに調子が悪いことに気づいてあげることができます。

ドッグフードの銘柄をコロコロ変えない方がいい?

食べ方を観察して健康管理に役立てましょう

ワンちゃんは調子が悪くなっても自分で症状を訴えることができません。

ただ喋れないだけでなく、一般に動物は体の不調をあまり表に現さないものです。

なので、飼い主さんがワンちゃんの食べっぷりや便の状態など、普段の様子をよく観察することが病気の早期発見につながります。

ワンちゃん自身に代わって飼い主さんがしっかり健康管理をしてあげてください。

ドッグフードを食べないのは病気なの?!食欲は健康と病気を判断する重要な指標です ドッグフードの食べ方にも病気のサインが隠れている!愛犬の健康管理は飼い主さんの観察が大切

ドッグフードを入れる食器はどんなのがいい?

食器にはステンレス製、陶器、プラスチック製やメラミン製など様々なものがあります。

材質によって異なる特徴は以下のようになります。

ステンレス製 丈夫で扱いやすく、雑菌も繁殖しにくい
陶器 温かみがあり、家族同然の愛犬のための食器として満足感がある。。
プラスチック・メラミン製 軽くて扱いやすい。いろいろな形に成型できるので、内側をデコボコにした早食い防止の食器がある。
シリコン製 折り畳めるので邪魔にならない。お出かけの時の携帯向き。

どの材質がダメということはありませんが、おすすめなのは細菌が繁殖しにくいステンレスや陶器。

特に涙やけが気になるのなら雑菌の増えやすいプラスチック製は避けたほうがいいでしょう。

プラスチック製の食器が涙やけに関係することについてはこちらの記事に書いてあるので参考にしてください。

ドッグフードを変えると涙やけが改善する!?ネットでうわさされる話は本当なの?
MEMO
まれですがステンレスでは金属アレルギーを起こすことがあります。

材質よりも

  • ワンちゃんの体格にあったサイズであること
  • 安定している(簡単にひっくり返らない)

ことの方が大切でしょう。

器の形や食器台を使うかどうかは好みになってきますね。

まとめ

ワンちゃんが必要とするドッグフードの量はライフステージや生まれつきの気質などで変わってきます。

パッケージに記載された標準の量をベースにして、その子にあった量に調節してあげてください。

また、食べる量をきっちりと管理して、健康管理にも役立ててください。