ドッグフードを与えたら与えただけ食べる愛犬!お腹いっぱいになるまで与えてもいいの?

飼い主さんから「うちの犬はフードを与えただけいくらでも食べる」という相談を受けることがあります。

ドッグフードが足りていない、満腹になっていないんじゃないかと。

よくあるのは成長期の子犬です。

どんどん体が大きくなる成長期はドッグフードがぜんぜん足りていなくて、ひもじい思いをしているケースは珍しくありません。

しかし、中には成犬になってもいくらでも食べてしまう子がいて、飼い主さんがフードを増やすべきなのか悩むこともあります。

愛犬が満腹になって満足するまでドッグフードを与えるべきなのでしょうか?

Dr.ノブ

食欲のすごいワンちゃんは生存本能が強く、体の強い子が多いですね。
ぼくのこと?食欲の底を知りたいよ。

タロ

本能の強いワンちゃんは与えただけ食べる

野生の肉食動物の場合、狩りに成功して獲物にありついても次にいつまた食べられるかわかりません。

しばらく食べ物がなくても大丈夫なように食べられるだけたくさん食べておこうという本能があります。

特に犬は貯め食いできるように体が適応して大きな胃を持っているのです。

ずっと人間に飼われてきて野生の本能の薄れてきているワンちゃんですが、個体によっては本能を色濃く残している子がいます。

そういう子では規定量のドッグフードを食べても満足せず、もっと欲しいとおねだりするかもしれません。

要求通りに与えていると食べすぎて吐いてしまうことまであります。

動物は食べ物がないと生きていけないですから、そういうワンちゃんはきっと生き残る本能が強いといえます。

ワンちゃんによって満足するドッグフードの量は違う

本能が強く、いくらでも食べようとするワンちゃんがいる一方で、反対に食の細い子もいます。

食欲の薄いワンちゃんでは飼い主さんも子犬の頃からガツガツ食べる様子を見たことがないといい、こういうタイプではドッグフードを食べさせるのに苦労をするという逆の悩みがあるんです。

でもほとんどのワンちゃんは必要量のドッグフードを食べたら、食べ物に執着することなく遊んだり寝たり他のことに興味が移っていくのが普通です。

なので通常は、食べ残したりとか足りなさそうな様子をみてドッグフードを増減して最適な量を決めることができます。

しかし、際限なく食べてしまうワンちゃんや食の細いワンちゃんでは、食べ方だけに頼ってドッグフードの量を調節していると、食べ過ぎたり全然足りなかったりすることになってしまいます。

フードを変えずに食欲を刺激する5つの工夫!【愛犬がドッグフードをあまり食べてくれない時に】

与えるドッグフードの量はライフステージや運動量や体型で調節

では、ドッグフードを与えたら与えただけ食べてしまうワンちゃんの最適なフード量はどのようにして決めたらいいでしょうか?

成犬は食べ方に惑わされずにデータで判断

際限なく食べるタイプの子では、食べ方は無視してデータだけで判断するようにしましょう。

ベースになるのは各ドッグフードで決められている体重あたりの規定量。

それを基準にワンちゃんの活動性をみて増減します。

際限なくフードを食べる子はほぼ間違いなく活発なので、規定量より3~5割増しくらいにした方がいいでしょう。

そしてそのフード量を1ヶ月くらい続けたら脂肪の付き具合をチェックします。

もし痩せ気味ならもう少しフード量を増やします。

太り気味になってきていたらフードを減らすようにします。

これを2~3回繰り返せば最適なフード量が決まってくるでしょう。

そして適正量が決まったら、それ以上欲しがっても断固として与えないようにしていれば、学習してすぐに諦めるようになると思います。

子犬は足りなさそうなら増やしていく

子犬時代は必要な栄養量が日々増えていき肥満する心配も少ないので、足りなさそうならどんどん増やしていっても問題ないでしょう。

ただし、食べすぎて吐くことも多いので、食事回数を増やして1回の食事量が多くなりすぎないようにする必要があります。

また成長期でも肥満することはあるので、成犬よりこまめに皮下脂肪のチェックをしてください。

成長期に太ってしまうと生涯太りやすい体質になってしまいます。

脂肪の付き具合のチェックと子犬の肥満の問題についてはこちらの記事を参考にしてください。

肥満の原因はフードの与えすぎ!愛犬の寿命を縮めるので注意しましょう

肥満犬では低カロリーのドッグフードが必要

すでに肥満気味のワンちゃんの場合、ドッグフードをもっと欲しがっているからといって、それ以上増やすことはできません。

本来ならフード量を減らす必要があるケースですが、ただでさえドッグフードが足りないと欲しがるワンちゃんにこれをやると、すごくひもじい思いをさせることになります。

ここで必要になるのが低カロリーのドッグフード。

現在は、しっかりと食べてもカロリーの低い製品がいろいろと揃っているので、これらのフードを使えば今与えているフードより多く食べさせてもカロリーを低くすることができるでしょう。

ただし、低カロリーで満腹感のあるフードには原材料に穀物類の使用が必須。

場合によってはビートパルプが入っているフードも選択肢に入れないといけないかもしれません。

ビートパルプはネットでは悪いもののように書かれていますが、国産のものでは安全性の心配はありません。

ドッグフードの原材料ビートパルプはホントに危険?体に悪い?

それでも気になる方は、ビートパルプを使っていない無添加の低カロリー製品を探さないといけないですが選択肢は限られてしまいます。

無添加やヒューマングレードにこだわる方は「犬心」がおすすめ。

「犬心」はヒューマングレードで無添加で低カロリーの数少ないフードの1つです。

【「犬心」いぬこころ】病気・肥満予防の子におすすめ!療法食なのに完全無添加の数少ないドッグフード

一定量のドッグフードを規則正しく与えることが健康管理に役立つ

ドッグフードの適正な量が決まるまでは試行錯誤を繰り返す必要があり大変ですが、一度決まってしまえばあとは管理が楽です。

食べきった後でどれだけ欲しがっても、必要な量を与えているので「足りないのかな?」と悩む必要はありません。

逆に、足りているのがわからないで「もっと欲しい」とねだられたら、何もやらないでいる自分がひどい飼い主のように思えてついつい与えてしまうものです。

また、ドッグフードの適正な量を規則正しく与えることは、物を言えないワンちゃんの健康管理の面でもとても役に立ちます。

フードを食べる量やフードの種類でお腹の調子はけっこう左右されるものです。

普段のドッグフードを一定にきちんと食べさせていれば、下痢をしたとしてもフードによる原因を考えなくて済みます。

つまり、便に異常があれば即、体調が悪いのかな?と気づくことができるということ。

病気の芽を早くみつけるためにも、一定量を規則正しく与えるということはとても大切なのです。

Dr.ノブ

欲しがるからと言って、フードを追加したりおやつを与えたりしているとこうはいきません。

まとめ

食いしん坊のワンちゃんの場合、食欲の底がみえないことがあります。

要求通りにフードの量を増やしていると簡単にカロリーオーバーになってしまい肥満へまっしぐら。

フードの代わりに、おやつを与えるというのはなおさらおすすめできません。

最初は手間ですが、脂肪の付き具合をモニターしながら適正な量を与えるようにしましょう。