ドッグフードの原材料に使われるチキンミールやポークミールって何?

安価なドライタイプのドッグフードでは、タンパク源としてチキンミールやポークミールなど、名前にミールとついた原料がよく使われています。

チキンミールは鶏を使った何かで、ポークミールは豚を使った何かだということはわかっても、具体的にどのようなものなのかはよくわかりませんよね。

飼い主さんからしたら愛犬に与えているフードにどんなものが使われているのかは気になるところです。

この記事では原料表示によく見るこの〇〇ミールという原料がどういうものなのかを解説しています。

Dr.ノブ

価格の安いドッグフードにはまず間違いなく使われています。
ぼくらはよくわからないものを食べさせられてるの?

タロ

チキンミールを代表とする〇〇ミールとは?

ミールとは英語でmealのことで、”粗びき粉”とかトウモロコシの”ひき割り粉”の意味があります。

本来は穀物を細かく砕いたものを指しますがそれが転じて、家畜などの副産物を加熱処理し、脂を抽出した残りの固形分を細かくしたものをミール(肉粉あるいは肉骨粉)というのです。

そして鶏から作られたミールはチキンミール、豚から作られたミールはポークミールと呼ばれます。

加工されたミールは飼料や肥料、工業用途に用いられます。

ドッグフードは飼料には該当しませんが、飼料と同様にこのミールが原料としてよく使われるのです。

MEMO
家畜から食肉加工で枝肉を生産した残りの部分を副産物といい、さらに皮を取り除いたものを副生物といいます。
ミールは副生物から作られ、ミールや油脂を製造する過程のことを”レンダリング”といいます。

さまざまな肉骨粉(ミール)

各種ミールの規格は国によって違います。

日本では以下のように分類されます。

チキンミール

鶏の残さや食べられない内臓などを原料に製造されたミールです。

原料の入手先は食鳥処理場からの鶏がら・不可食内臓、家禽専用ミンチ工場で出た残さ、家禽専用カット場からのガラを利用します。

ミート・アンド・ボーン・ミールの項に掲載している農林水産省の資料によると、原料として農場での死亡鶏も使用可能です。

集めた原料を混合・破砕して130℃以上の熱処理を行い、油分を抽出した残りを乾燥して粉末したものがチキンミールです。

残さには羽も排出されますが、羽は専用の工程で次項のフェザーミールに加工されます。

原料の入手先が家禽専用工場に限られているのは、牛の加工を同じ場所でしているとBSEの汚染が起こるためです。

チキンミールはポークミールとともに、現在のドッグフードのタンパク源として重要な役割を果たしています。

Dr.ノブ

国によって規格が異なります。
アメリカでは骨や不可食内臓を使用せず、肉と皮膚部分のみで作られるものもあります。

フェザーミール

フェザーミールは、食鳥処理場で解体処理をした際に出る不可食部の羽(フェザー)で作られます。

鶏がらや内臓などチキンミールの原料となる部分とは分けられて、専用の別ラインで熱処理されます。

できたフェザーミールは飼料や肥料用に用いられます。

MEMO
フェザーミールはアレルギーを起こしにくいタンパク質なので、ロイヤルカナンの食物アレルギー治療食の「アミノペプチドフォーミュラ」のタンパク源として利用されています。

ポークミール

豚の食肉加工などで排出された骨や食べられない内臓などを原料に製造されたミールです。

原料の入手先は図のようにと畜場や食肉加工場からのものが大半です。

しかし、次項に上げた農水省の別の資料を見ると、ポークミールには農場での斃死した豚も使われている可能性があります。

ポークミールの製造方法はチキンミールと同様に、加熱処理したものから脂を抽出して乾燥したものを粉末にします。

ミート・アンド・ボーン・ミール(肉骨粉:牛以外由来)

表示名は肉骨粉、ミート・アンド・ボーン・ミール、ミートボーンミールと示されます。

家禽・豚の他に馬やクジラ、その他の哺乳動物(牛・羊・ヤギなどの反芻動物を除く)に加えて魚介類を原料として使用している場合があります。

原料の多くはと畜場や食肉加工で排出される不可食部位や残さですが、肉骨粉は牧場や養鶏場で死亡した家畜も材料にしています。

ミートボーンミールの製造方法はチキンミール・ポークミールと同様です。

注意
なお、海外では牛由来の原料を含みますが、日本では牛由来の骨原料のものは肥料用しか作られていません。

日本では製造ラインが完全に分離されているので、肉骨粉に牛が混じることはありません。

ミートミール

肉骨粉とは別に肉粉あるいはミートミールと呼ばれるレンダリング製品があります。

ミートミールでは牛や豚の食用に使用される脂肪部位のみを利用して作られています。

ミートミールは食用の脂を抽出するため、原料には不可食部位は一切入っていません。

原料は鮮度を保ったまま集められ、その日のうちに処理されます。

注意
ミートミールの規格は国によって違い、アメリカでは羊・ヤギも入っている可能性があります。
牛のみから製造されているなら “beef meal”の表示がされていることが多いです。

フィッシュミール(魚粉)・フィッシュソリュブル(魚かす)

フィッシュミールは、水揚げされた魚をまるごと茹でて、プレスして脂の抽出と水分を除去して乾燥したものです。

以前はイワシを原料にした国産のフィッシュミールが多くありましたが、今は海外からの輸入品がほとんどです。

サーモンミールのように特定の魚のミールとして配合されていることもあります。

日本にはないミール

日本では認められていない、あるいはほとんど作られていないミール類があります。

ミート・アンド・ボーン・ミール(牛由来)

牛海綿状脳症(BSE)問題が表面化してから、日本では厳重なBSE対策が取られるようになり牛由来の肉骨粉はすべて焼却処分されています。

海外ではいまだに製造されていますが、原料として牛由来の肉骨粉が使われているものは一切輸入できません。

なので輸入品のドッグフードで牛の肉骨粉が使われている心配はありません。

家禽ミール(Poultry Meal)

家禽という言葉は鶏の意味で使われることが多いですが、七面鳥やアヒルやガチョウなども家禽に含まれます。

日本では家禽のほとんどが鶏なのでチキンミールと表示されるのが普通です。

海外では七面鳥など鶏以外もよく食べられるので、レンダリング原料としてもよく利用されます。

輸入品で家禽ミールと表示されていた場合は、鶏のほかに七面鳥やアヒルなども使用されています。

カモミールはミールじゃない

ドッグフードの原料表示を見ていると、カモミールが使われていることが珍しくありません。

ご存知だとは思いますが、カモミールはハーブの一種。

レンダリングで作られるミール類とは関係ありません。

使用目的は、おそらくハーブとしての効能、健胃効果などを狙っているのでしょう。

ドッグフードによく使われる原材料その2 カモミール

4Dミートが入っている可能性があるミール

ペットフードの原料について調べていると、チキンミールと並んでよく問題にされているのが4Dミート。

4Dミートとは以下の4つの種類の肉のことです。

  • DEAD「死亡した動物の肉」
  • DISEASED「病気だった動物の肉」
  • DYING「死にかけだった動物の肉」
  • DISABLED「障害があった動物の肉」

4Dミートについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

4D材料(4Dミート)のウソ・ホント

これまで紹介してきたミール類には4Dミートが入っている可能性があるものと、可能性のないものがあります。

4Dミートが入っている可能性があるのは

  • チキンミール
  • ポークミール
  • ミート・アンド・ボーン・ミール(肉骨粉)

の3つです。

4Dミートが入っている心配のないのは

  • ミートミール

だけです。

しかも、ミートミールには食用の原料部分しか用いていませんので、不可食部位(食用でない部位)も一切入っていません。また、食用の脂を製造するため鮮度管理にも注意が払われています。

ネットではミール類は全部4Dミートが入っているから安心できないという記述がされていますが、ミートミールだけは安心して大丈夫です。

ミールを使用したドッグフードは安全?

ミートミールは安心と書きましたが、他のチキンミールやポークミールが危険というわけでもありません。

4Dミートの記事でも書いていますが、安全性については問題はありません。

あくまでも、人用では使用することが許可されていないような原料を使ったものを、ペットに与えられるか与えられないかの気持ちの問題です。

巷のサイトで書かれているような”ミール類を使用したドッグフードは危険”という説や”犬猫の死体を混ぜている”という説は、根拠がなく言い過ぎとしか言いようがありません。

ミール類を使用しているドッグフードでも、安心してワンちゃんに与えて大丈夫です。

まとめ

ミール類はヒューマングレードにこだわる飼い主さんに取っては受け入れがたいものかもしれません。

しかし、製品自体の安全性には問題なく、健康上の問題を起こす心配をする必要はありません。

ヒューマングレードにこだわりたいけれど、コストが高くなるのは困るという方は、国産のミートミールのみを使用したドッグフードを選びましょう。食用部分のみで製造されているので安心して与えられます。