【メディコート アレルゲンカット】一般フードなのに無添加で低アレルゲンのお得なドッグフード

メディコートは日本のペットライン社が出すブランドの1つで、愛犬の気になる健康問題に合わせたラインナップがそろっています。

メディコート アレルゲンカットは名前の通り低アレルゲンで食物アレルギーが気になるワンちゃんに向けた商品です。

ほかには、お腹の健康を考えた「腸内フローラケア」、ストルバイト尿石に配慮した「pHサポート」、体重管理に配慮した「満腹感ダイエット」があります。

Dr.ノブ

非常に低価格で低アレルゲン食を与えることができます。
ブドウって犬には毒なんだってね。

タロ

メディコート アレルゲンカットのアピールポイント

メディコート アレルゲンカットのアピールポイントをピックアップ!

  • グルテンフリー(小麦不使用)と単一のタンパク源(魚)で低アレルゲン
  • 合成保存料・着色料・香料を不使用
  • 低コスト

Dr.ノブ

メディコート アレルゲンカットの特徴を見てましょう。

グルテンフリー(小麦不使用)と単一のタンパク源(魚)で低アレルゲン

犬は食べ物で起こる食物アレルギーで体をかゆがったり便がゆるくなったりする子は珍しくなく、実際の臨床で遭遇することが非常に多くあります。

そのため最近のプレミアムドッグフードはアレルギーのワンちゃんのことを考えて低アレルゲンに作ってあるものが増えてきました。

メディコート アレルゲンカットは低価格の一般フードでありながら、アレルギーが気になるワンちゃんにも比較的安心して食べさせることのできる低アレルゲンのドッグフード。

小麦を原料に使わないグルテンフリーというだけでなく、魚というアレルゲンになりにくい単一の動物性タンパク源のみを使うことでより低アレルゲンのフードになっています。

これまで愛犬のアレルギーが心配だったけど、コストの面でプレミアムドッグフードを諦めていた方は試してみてはどうでしょう。

合成保存料・着色料・香料を不使用

保存料などの添加物は人でも気になる人は気になるもの。

国は安全だと主張していますが、安全にうるさい生協では特定の添加物を使用した商品を扱わないようにしています。

人によって考え方は違うでしょうが、できれば避けたいという人は多いはず。

そんな添加物ですが、毎日同じドッグフードを食べているワンちゃんではなおさら影響が大きくなるのは、ちょっと考えてみればわかることです。

メディコート アレルゲンカットは合成保存料・着色料・香料が不使用なため、安心して愛犬に食べさせることができます。

低コスト

メディコート アレルゲンカットは化学合成した保存料などを使用せず、単一の動物性原料&グルテンフリーなのにもかかわらず、あくまでも一般ドッグフードで価格も一般ドッグフードのまま。

低コストで無添加や低アレルゲンフードを食べさせることができます。

その他のメーカーのアピールポイント

上記以外にメディコートの公式サイトでメーカーがアピールしているポイントをまとめてみました。

  • DHA・EPAを豊富に含む魚を使用。さらにガンマ-リノレン酸を配合し皮膚の健康維持や美しい毛づやの維持に配慮
  • 健康維持に抗酸化成分を含むゴマ粉末、グルタチオン酵母を配合
  • 健康な皮膚・被毛のサポートにフィッシュコラーゲンを配合
  • 皮膚・被毛の健康維持に亜鉛アミノ酸複合体を配合

メディコート アレルゲンカットのデメリット or 残念ポイント

メディコート アレルゲンカットを選ぶ際に気になるデメリットはこちら。

  • ヒューマングレードではない
  • 原料の品目が少ない
  • ブドウ種子エキスが入っている

Dr.ノブ

一般フードなのに低アレルゲンのメディコート アレルゲンカットはお得ですが、気になる点はいくつかあります。

ヒューマングレードではない

メディコート アレルゲンカットには悪名高いチキンミールビートパルプのような人が食用にしない原料は使用されていません。(これらの原料は、実際はネットに書かれているようなリスクはありません)

しかし、動物性油脂が入っているのでおそらくレンダリング製品である可能性が高いですね。

価格からしてもヒューマングレードではないと思って間違いないでしょう。

また、主原料は穀類(米、米粉 、米ぬか)、魚介類(フィッシュミール:DHA・EPA源、フィッシュエキス、フィッシュコラーゲン)となっていて、新鮮な素材が主というわけでもありません。

プレミアムドッグフードとは違い、値段なりの品質と考えておきましょう。

ヒューマングレードのフードを選ぶのならDr.ノブおすすめドッグフードから選びましょう。

原料の品目が少ない

メディコート アレルゲンカットには大まかに言って魚と米の2種の食材しか使用されていません。

アレルギー予防の観点では魚が単一の動物性原料であることはとてもいいのですが、長期にわたって主食として食べさせるには栄養のバランスが気になるところです。

野菜やハーブなどいろんな素材をもう少し組み合わせていてもいいと思うのですが、これも低コストゆえなのでしょうか。

ブドウ種子エキスが入っている

メディコート アレルゲンカットにはブドウ種子エキスが入っています。

あまり知られていませんが、ブドウは下の記事で紹介したように犬で急性腎不全を起こす可能性がある食品です。

犬に与えてはいけない食べ物4:ぶどう

いまだにブドウのどの成分が問題なのかは分かっていない状態で、同じ量のぶどうを食べても個体によって症状があらわれたりあらわれなかったりします。

つまり、ブドウで中毒を起こすのは分かっているが、どの部分をどれだけ食べるといけないのかはまったくわかっていません。

なので、ブドウ種子エキスが即、毒性のあるものというわけではないのですが、何も分かっていない以上、原料には使わないほうが無難と考えます。

Dr.ノブの見解:コスト面から低アレルゲンフードを諦めていた人は一考の価値

メディコート アレルゲンカットは一般ドッグフードでありながら、かなり低アレルゲンに作られています。

栄養面や素材面で不安はありますが、これまで愛犬がアレルギー気味なのにコスト面で低アレルゲンフードを諦めていた飼い主さんには救世主となるかもしれません。

ただし、上にも書きましたが、ブドウ種子エキスを使用しているのが気になります。ブドウの問題を知らなかったのでしょうか?

早急にブドウ種子エキスの使用をやめたリニューアル版を出して欲しいですね。

メディコート アレルゲンカットの原材料と栄養成分

原産国 日本
ライフステージ 成犬
原材料 穀類(米、米粉 、米ぬか)、魚介類(フィッシュミール:DHA・EPA源、フィッシュエキス、フィッシュコラーゲン)、
油脂類(動物性油脂 、ライスファットカルシウム、ガンマ-リノレン酸)、種実類(ゴマ粉末)、
糖類(フラクトオリゴ糖)、グルタチオン酵母、シャンピニオンエキス、ブドウ種子エキス、
ビタミン類(A、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、C、コリン)、
ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛アミノ酸複合体、亜鉛、ヨウ素)、
酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)
成分 タンパク質20%以上、脂質10%以上、繊維3%以下、灰分10%以下、水分10%以下
添加物 酸化防止剤にローズマリー抽出物、ミックストコフェロール
グレイン
グルテン フリー
内容量 500g、3kg、6kg、8kg
エネルギー(100gあたり) 335kcal
価格 1,600円 [3kg ネット参考価格]
単価(100g) 53円
販売会社 ペットライン 公式サイト

※犬種別は僕自身はあまり意味が無いと思っているので、この表には取り入れていません。

犬種専用のドッグフードって本当に必要なの?

メディコート