【マザープラス チキン 幼犬用】安心して与えられる数少ない国産無添加ドッグフード!

安心して愛犬に与えられるプレミアムドッグフードが人気で、たくさんのメーカーが商品を出していますが、子犬用の無添加ドッグフードとなるととたんに数が少なくなります。

そんな中、子犬用でありながら無添加ドッグフードでしかも国産でヒューマングレードという、安全にこだわった製品が今回ご紹介するマザープラス チキン 幼犬用です。

子犬のためのプレミアムドッグフードをお探しの方におすすめの商品です。

Dr.ノブ

子犬用のプレミアムドッグフードは輸入フードにはちらほらあるのですが、国産は本当に少ないんです。
子犬じゃないけど食べたいなぁ…

タロ

マザープラス チキンのメリット or おすすめポイント

マザープラス チキン 幼犬用を選ぶに値するメリットやおすすめのポイントをピックアップ!

  • 添加物は一切不使用の完全無添加
  • ヒューマングレードの原材料
  • 安心の国産製品

Dr.ノブ

マザープラス チキン 幼犬用が一般のドッグフードに比べて優れている点をくわしく見ていきましょう。

添加物は一切不使用の完全無添加

マザープラス チキン

添加物の害については議論がありますが、現時点では安全とされています。

でも、まだはっきりとしていない部分があることは確かで、将来的にやっぱり問題があるとされるかもしれません。

ドッグフードに入っているBHT・BHA・没食子酸プロピルって何?毒性はあるの?

飼い主さんの立場からすれば、絶対に必要でないなら、できれば使って欲しくないのが正直なところではないでしょうか?

マザープラス チキン 幼犬用には、人工保存料や香料・着色料などは一切使用されていません。

ビタミンやミネラルなどの栄養添加物は入っていますが、酸化防止剤目的の天然由来の添加物も一切使っていません。

完全無添加なので、愛犬の安全を第一に考えたい飼い主さんにピッタリです。

おいしくても害があるフードはやだなぁ。

タロ

ヒューマングレードの原材料

マザープラス チキン

ドッグフードには人の食用に適さないものを使用して作られているのを知っていますか?

ドッグフードの原材料に使われるチキンミールやポークミールって何?

安全性には問題はありませんが、人が食べられないものを愛犬に与えるのは抵抗がある、という飼い主さんは少なくないでしょう。

マザープラス チキン 幼犬用に使用されている原材料は、ヒューマングレードといって人の食用にできる品質のものを使っています。

主原料の鶏は九州産の国産鶏。

野菜や穀物は減農薬や無農薬の材料を基本に使っています。

つまりは人が食べても大丈夫なレベルということ。

大事な愛犬にも安心して与えることができます。

安心の国産製品

九州産の鶏肉や減農薬や無農薬の野菜・穀物を使っていることからわかるように、マザープラス チキン 幼犬用は国産のプレミアムドッグフードです。

海外製のプレミアムドッグフードに問題があるわけではないですが、輸入に時間がかかるため賞味期限が迫ってしまったり、環境が悪いと輸送の間に変質してしまうリスクがあります。

>>>国産と輸入品の違いってなに?

国産であれば製造されてからおうちに届くまでに、時間がかかったり変質したりするリスクは低くなります。

いつも新鮮な製品を手にすることができます。

メーカーのその他のアピールポイント

上記以外にマザープラス チキンの公式サイトでメーカーがアピールしているポイントをまとめてみました。

  • 8種の雑穀と8種の野菜をブレンド
  • 雑穀系発酵調味液配合で健康維持に必要な必須アミノ酸を手軽に摂取
  • ノンオイルコーティング製法

マザープラス チキンのデメリット or 残念ポイント

マザープラス チキン 幼犬用を選ぶ際に気になるデメリットや残念な点はこちら。

  • 小麦を使用
  • パッケージが1kgのみ

Dr.ノブ

子犬の健康な発育と安全性を両立したマザープラス チキン 幼犬用はほとんどのワンちゃんにおすすめできるのですが、もう少しこうして欲しいというデメリット面もあります。
くわしく見てみましょう。

小麦を使用

昨今のプレミアムドッグフードでは、グルテンフリーつまり小麦を使っていないことが当たり前になっているのですが、マザープラス チキン 幼犬用には第2原材料として小麦粉が使用されています。

メーカーの犬猫自然食本舗さんが、雑穀を原料としたドッグフードを特色として全面にだしておられるので、その流れなのかもしれません。

穀物を使用しているからといってネットでいわれているような、消化に悪いということはありません。

穀物が入ったドッグフードは消化が悪いという話は本当のことなの?

しかし、問題は低アレルゲンではないということです。

小麦を摂取してもワンちゃん自身にアレルギーの体質がなければ何も問題はありません。

しかし、子犬の頃はまだはっきり症状が出ていなことが多いですから、アレルギー体質があれば将来かゆみが出てくるかもしれません。

できれば避けてほしかったところですね。

痒みがなくても低アレルゲンのドッグフードを与えたほうがいいの?

パッケージが1kgのみ

プレミアムドッグフードではよくあるデメリットなのですが、マザープラス チキン 幼犬用も1種類(1kg)の製品しかありません。

子犬に与えるフードなので、小型・中型犬までなら支障はないでしょう。

でも、子犬とはいえ大型犬に与える場合には、消費のペースが早いので1kgのパッケージでは使いにくい上にコスト高になってしまいます。

大型犬の子犬に使う場合は1kgサイズはデメリットと言えるでしょう。

でも、子犬用の設定があるだけ他のプレミアムドッグフードよりもマシなのかもしれません。

マザープラス チキンはどこで買えば最安値?

マザープラス チキン 幼犬用は公式サイトのほか、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングに多数出品されています。

出店店舗によってかなり価格差がありますが、現時点(2018/7/25)での最安値を表にすると以下のようになります。

公式サイト Amazon 楽天 Yahoo!
2,700円
会員2,565円会員登録無料
送料670~1,400円
8,000円以上送料無料
3,105円
送料無料
2,700円
送料無料
2,700円
送料600~756円

単品で購入するのなら楽天の最安ショップがもっとも価格が安くなります。(2018/7/25現在)

しかし、公式サイトで会員登録(登録無料)すれば2,565円になり、合計金額が8,000円を超えれば送料無料になるので、これが最安になります。

公式サイトの犬猫自然食本舗ではドッグフードのほか、副食やおやつ、キャットフードも販売しているので、それらを組み合わせるか、まとめ買いをする場合は公式サイトが最安ということです。

マザープラス チキンの口コミ評価は?

品質のすばらしいマザープラス チキン 幼犬用ですが、ネット上の口コミ評価はどうなっているでしょう?

各ショッピングモールではレビューはほぼありませんので、公式サイトの口コミになります。

まずは良い口コミから。

とても食いつきが良い。

ウンチのニオイがましになった。

ベタベタしないし嫌なニオイがない。

本当においしそうに食べる。

食いつきが良いという意見がとても多いですね。

次に悪い口コミ。

小柄なので粒が大きいのか食べにくそう。

あまり食べてくれなかった。

などがありますが、本当に低い評価は皆無です。

Dr.ノブの見解:子犬に安全なドッグフードの数少ない選択肢

成犬に与える場合は、プレミアムドッグフードは多種多様なものがあって、1つに絞るのが大変なくらいなのですが、なぜか子犬用のプレミアムドッグフードとなるとほとんどないんですよね。

そんな中、マザープラス チキン 幼犬用は国産で完全無添加のうえヒューマングレード。

チキン以外にポークとまぐろがあるので、ワンちゃんの好みに合った味を選ぶこともできます。

マザープラス チキン

安心して与えられる数少ない子犬用ドッグフードです。

子犬用のプレミアムドッグフードをお探しなら、有力候補に挙げられる製品です。

辛口チェック

マザープラスを辛口にチェックするなら、やはり小麦を使用していることです。

プレミアムドッグフードがどれも低アレルゲンとしてグルテンフリーになっていっている流れなのに、なぜいまだに小麦を使用しているのでしょう。

アレルギーを持っていなければ問題はないのですが、小麦は問題の出やすい食品。

できれば避けたいですね。

同じ麦類でも大麦だとアレルゲンになりにくいのですから、大麦に変更することはできないのかなと思ってしまいます。

他が良いだけにもったいない気がします。

マザープラス チキンの原材料と栄養成分

原産国  日本
ライフステージ  4ヶ月~12ヶ月
原材料  鶏肉、小麦粉、玄米、魚、菜種油、大根葉、大麦、ごぼう、にんじん、しいたけ、キャベツ、
ハト麦、もちあわ、もちきび、玄ソバ、白菜、高菜、大豆、とうもろこし、パセリ、
青じそ、ビール酵母、発酵調味液、ミネラル類(カルシウム、塩化ナトリウム、カリウム、
亜鉛、鉄、銅)、ビタミン類(B12、E、A、D、B2)
成分  タンパク質24.7%以上、脂質13.3%以上、繊維0.4%以下、灰分5.5%以下、水分10%以下
添加物  フリー
グレイン  小麦、玄米、大麦、ハト麦、もちあわ、もちきび、大豆、とうもろこし
グルテン  小麦、大麦
内容量  1kg
エネルギー(100gあたり)  402kcal
価格  2,700円(税抜)
単価(100g)  270円
販売会社 犬猫自然食本舗 公式サイト

※犬種別は僕自身はあまり意味が無いと思っているので、この表には取り入れていません。

犬種専用のドッグフードって本当に必要なの?