おやつと食事ははっきり区別を!おやつのやり過ぎ注意!

いつも同じドッグフードばかり与えていると、飼い主さんからすると味気ないようでかわいそうに感じます。

でも、愛犬の健康のためには必要なこと。あれこれ食べさせるのはよくありません。

ドッグフードの銘柄をコロコロ変えない方がいい?

そこで代わりとして合間におやつを与えると、すごく喜んで食べるのでついつい与えすぎてしまうことがありますね。

おやつはしつけの上でとても役に立つのですが、使い方をあやまると悪いクセや肥満の問題が出てきます。

Dr.ノブ

愛犬の健康を思うなら与え過ぎはいけません。
おやつ規制反対!

タロ

総合栄養食とおやつの違い

一般のドッグフードは総合栄養食で、主食として1日2回の決まった時間に一定量をあたえるためのものです。

それに対し、おやつは間食としてワンちゃんとのコミュニケーションやしつけのご褒美として与えるもの。

一般におやつの方が嗜好性が高く、ワンちゃんは主食のドッグフードよりもおやつを好んで食べる傾向にあります。

愛犬がよろこんで食べるものだから、ごはん代わりにおやつばかり食べさせていませんか?

人の食べ物でもそうですがおいしいものほど高栄養なんですよね。

おやつはカロリーが高めのものが多く、また栄養バランスがドッグフードとまったく違います。

なので、おやつを主食代わりに与えてはいけません。

愛犬の健康のためにそこはきっちりと線引きをしましょう。

おやつの中には一見、主食にするドッグフードに見えるものもありますから注意してください。

商品パッケージの表示欄には「おやつ」や「スナック」と記載されています。

MEMO
主食以外には、ほかにドッグフードの嗜好性を高めるためにおかずとして添える目的のフードもあります。
その場合は、「一般食(おかずタイプ)」、「一般食(総合栄養食と一緒に与えてください)」、「副食」などと表示されています。
中にはおやつとおかずの兼用のような商品もあります。

おやつの種類と使用目的

おやつにはいくつかのタイプがあり、使用する目的も違ってきます。

目的に合ったおやつを与えるようにしましょう。

ジャーキータイプ

ジャーキータイプの犬のおやつ

鶏肉牛肉などを乾燥させてスティック状にしたおやつです。

変わったところでは馬肉鹿肉のジャーキーもあります。

主にごほうびとして与えるタイプのおやつとして使うのがいいでしょう。

固いタイプだと噛む欲求を満たしたり歯みがき効果もある程度期待できますが、最近の製品はやわらかいタイプが多いのでこの目的には向いていません。

スナックタイプ

スナックタイプの犬のおやつ

ビスケットタイプやボーロ肉をカットしたもの半生フードのようなものまで多種多様なものが含まれます。

粒タイプ~一口タイプのものなので、ごほうびとしてのみ使用可能です。

ガムタイプ

ガムタイプの犬のおやつ

牛皮を原料に、あるいは食物繊維やゼラチンから合成して作られています。

噛むのに時間がかかるため、留守番の時や噛む欲求を満たしてあげる目的で、または歯みがき目的で与えます。

ごほうびとしても利用可能ですが嗜好性が高いというわけではないので、ワンちゃんによっては興味を示さなかったり、お腹が空いていない時には見向きもしないかもしれません。

骨タイプ

骨タイプの犬のおやつ

動物の骨をそのまま使った製品です。

噛む欲求を満たすのと歯みがきの目的で与えます。

おやつは肥満の主な原因

おやつの与え方が悪いと出てくる問題の1つめは肥満してしまうことです。

肥満の原因は運動不足とカロリーオーバー。

人に飼育されているワンちゃんは大半の子が運動不足気味ですから、ドッグフードしか与えていなくても肥満してしまっている子は多くいます。

なので、定時のドッグフード以外におやつをたびたびもらっていれば、さらに肥満しやすくなるのは当然のことでしょう。

おやつを与えるのなら与え過ぎに注意してください。

肥満の原因はフードの与えすぎ!愛犬の寿命を縮めるので注意しましょう

1日の食事量の20%を超えない

おやつは嗜好性が高いものが多く、愛犬が喜んで食べてくれます。飼い主さんはその様子がうれしいのでついつい与えすぎてしまいます。

でも、おやつはカロリー高めの製品が多いですから、気をつけていないと肥満の道をまっしぐらです。

最近は肥満しないように低カロリーのおやつも増えています。

それでも与え過ぎれば同じことなので、日頃から与える上限を決めておきましょう。

目安は食事量の20%まで。

それでも”太ってきたな”と感じたら、おやつを減らすか食事量そのものを減らすようにしましょう。ドッグフードを低カロリーのものにするのもいいですよ。

食べ物の好き嫌いが激しくなる

おやつを与えることで出てくる問題の2つめは食べ物の好き嫌いが激しくなってしまうことです。

おいしいおやつの味を覚えることで口が肥えてしまい、それまでは喜んで食べていたドッグフードをいやいや食べるようになったり、ひどい時はドッグフードをまったく食べずにおやつをもらえるまで待つようになったりします。

これを防ぐには、ごほうびでもなんでもない時におやつを与えたりしないことです。

ワンちゃんからしたら、食べ物の内容で主食とおやつを区別しているわけではありませんから、おいしい食べ物の方を欲しがるのは当然です。

そのうち食事としておやつを要求するようになってしまいます。

しつけの上でごほうびにおやつを与えた時は、”お座りをしたからおやつをもらえた”とか”留守番の時におやつをもらえた”とか賢くできたことと関連付けてくれるので、食事としておやつを要求することはあまり起こらないのです。

ただし、普段からドッグフードを喜んで食べないような子に、おやつの味を覚えさせるとますますドッグフードを食べなくなります。

はじめから好き嫌いのあるような子にはなるべくおやつを食べさせないようにしましょう。

まとめ

おやつはうまく使えばワンちゃんとのコミュニケーションにとても役に立ちますし、しつけをしていくのにも有用です。

しかし、使い方をあやまると肥満させてしまったり、好き嫌いができてドッグフードを食べなくなったりするので注意しましょう。

とりわけ最初から好き嫌いの傾向があるワンちゃんには、おやつはできるだけ与えないようにするのが無難ですね。