【プラチナム ナチュラル ドライフード】鳥生肉を70%も使い無水調理したドイツ産プレミアムドッグフード

プラチナム ナチュラル ドライフードはドイツ産のプレミアムドッグフードです。

あまり知名度はありませんが、材料のうち70%にチキン生肉を使用するというぜいたくな作りで、他のブランドと差別化をはかっています。

また、通常の製法は用いず、無水調理によりうま味や栄養を逃さないように作られているのも特徴としています。

Dr.ノブ

ドイツはペット先進国だけあって品質のいいドッグフードが多いですね。
ドイツだったらソーセージ入のフードを作って欲しいな。

タロ

プラチナム ナチュラル ドライフードのメリット or おすすめポイント

プラチナム ナチュラル ドライフードを選ぶに値するメリットやおすすめのポイントをピックアップ!

  • 人工保存料・着色料・香料不使用
  • グルテンフリー
  • 肉副産物不使用
  • ヒューマングレード
  • ぜいたくにチキンを使用し無水調理で高栄養

Dr.ノブ

プラチナム ナチュラル ドライフードが一般のドッグフードに比べて優れている点を見てみましょう。

人工保存料・着色料・香料不使用

ちょっと健康に気を使っている方なら、買い物に行った時に食品に使用されている添加物をチェックする人は多いんじゃないでしょうか?

毎日、いろんなものを食べる人間でも気になるのですから、ずっと同じものを食べ続ける愛犬のドッグフードも添加物の入っていないものを選びたいものです。

今やプレミアムドッグフードでは無添加は当たり前。

プラチナム ナチュラル ドライフードも人工保存料など有害な添加物は不使用。

使っているのはトコフェロール(ビタミンE)など天然の抽出物のみなので安心です。

グルテンフリー

一般のドッグフードには炭水化物源として小麦がよく使われています。

安いフードでは第1主原料になっているものもあるほど。

しかし、小麦は犬でもアレルギーの原因になりやすい食品と知られているので、できれば使用してほしくない原料です。

プラチナム ナチュラル ドライフードは小麦不使用のグルテンフリー。

アレルギーの気になる愛犬にも比較的安心して食べさせることができます。

肉副産物不使用

コストの安いフードでは、肉以外の羽・頭・骨・内蔵などの肉副産物を利用したレンダリング製品が原料に使われていることが多いです。

通常、レンダリング製品は〇〇ミールや肉類、ドライ〇〇、肉骨粉などと記載されます。

プラチナム ナチュラル ドライフードの原材料表を見るとチキンミールの表示が。

でも、チキンミール=肉副産物入りというわけではありません。

ミール類の規格は国やメーカーによっていろいろで、肉副産物を使用したものもあれば肉だけで作ったものもあります。

プラチナム ナチュラル ドライフードは次に述べるようにヒューマングレードなので、チキンミールも肉副産物の入っていないものということになります。

ヒューマングレード

新鮮な原材料

最近はペットを家族同然のように可愛がっている飼い主さんが増えているので、食べさせるフードも人と同じレベルのものを求める方が多くいます。

プラチナム ナチュラル ドライフードには以前は食用素材ではないビートパルプが入っていたのでヒューマングレードではありませんでしたが、マイナーチェンジされて今は使用されていません。

公式ページにおいて使用されている原料がヒューマングレードであることをはっきりと書かれているので、現在はヒューマングレードの製品です。

ぜいたくにチキンを使用し無水調理で高栄養

プラチナム ナチュラル ドライフード

プラチナム ナチュラル ドライフードは通常のドライフード製造で使用されるエクストルーダーという装置を用いていません。

無水調理という方法を行っているので、栄養や風味をそのままのフードになっているそう。

ドライフードとしては異例の水分量18%もあります。

プラチナムは1kgのフードを作るのに1.27kgのチキン生肉が使用されているそうで、非常に高タンパクのフード。

風味がよく高タンパクなので、食いつきがいいと評判です。

その他のメーカーのアピールポイント

上記以外にプラチナムの公式サイトでメーカーがアピールしているポイントをまとめてみました。

  • 遺伝子組換え製品は一切不使用
  • 生食にもっとも近いフード
  • 消化吸収率が高いから他のフードに比べ与える量が少なくてすむ
  • お試しと返金保証がある

プラチナム ナチュラル ドライフードのデメリット or 残念ポイント

プラチナム ナチュラル ドライフードを選ぶ際に気になるデメリットや残念な点はこちら。

  • グレインフリーではない
  • マイナーなので評価はこれから

Dr.ノブ

無水調理で栄養も食いつきも良いプラチナム ナチュラル ドライフードはほとんどのワンちゃんにおすすめできるのですが、もう少しこうして欲しいというデメリット面もあります。

グレインフリーではない

プラチナム ナチュラル ドライフードにはアレルゲンとなりやすい小麦は使用されていませんが、米は使用されているのでグレインフリー(穀物不使用)ではありません。

米にアレルギーのあるワンちゃんには与えるのを避けるべきです。

しかし、米はアレルゲンになりにくい食品で低アレルゲンフードの原料としてもよく使用されているもの。

なので、たいていのワンちゃんで問題なく食べさせることができるでしょう。

また、犬は穀物をうまく消化できないので穀物を使用したフードは消化不良を起こすという人がいますが、きちんと加工されていれば消化は非常にいいので問題となることはありません。

マイナーなので評価はこれから

プラチナム ナチュラル ドライフードは日本ではあまり知られていないマイナーなブランド。

実際に使用した人の口コミもほとんどない状態なので、本当のところ良いフードなのか判断に困ります。

メーカーの言うことだけを鵜呑みにすることはできないですからね。

プラチナム ナチュラル ドライフードの口コミ評価は?

無水調理で消化吸収率が高く嗜好性の高いプラチナム ナチュラル ドライフードですが、口コミ評価はどうなっているでしょう?

まずは良い評価から。

よく食べてくれて活動的になった。

好んで食べてくれ毛艶もよくなった。

便の状態がいい。

など、ほとんど良い評価のようです。

次に悪い口コミ。

あまり食べないし軟便になった。

一部、合わない子はいるようです。

Dr.ノブの見解:メーカーの説明する品質は素晴らしいが安すぎて心配

プラチナム ナチュラル ドライフードは原材料表やメーカーの説明を見る限り、非常に品質のいいプレミアムドッグフードです。

しかし、デメリットで述べたようにマイナーなブランドだけに実際に使用した人の口コミが少ないのが心配なところ。

さらに品質の高いフードなのに価格が安すぎるのも心配です。

こだわりの素材や製造方法に加え、フレッシュチキンが70%も使用されているのに、1.5kgで1,800円~1,980円。

同レベルのフードだとオリジン オリジナルあたりが近い(プラチナムの方がやや劣る)ですが、2kgで6,480円しますからね。

本当にこの品質なのかと疑ってしまうレベルです。

もう少し口コミの集まるのを待ちたいですね。

辛口チェック

公式サイトでは「プラチナム ナチュラル ドライフード」となっており、ドライフードとはっきりと書いてありますが、成分表示を見ると水分量が18%もあります。

半生フードの基準ははっきり決まっているわけではありませんが、市場では水分量が15~30%のものが半生フードとして流通しています。

なので、プラチナム ナチュラル ドライフードは完全に半生フードの範疇に入ります。

口コミでも、半生と認識しているコメントが有りました。

半生だからといって大きな問題ではないですが、ドライだと思って購入する方の中には歯へのケアも考えて選んでいる方もいるかもしれませんので、きちんと半生であることを表示するべきだと思います。

プラチナム ナチュラル ドライフードの原材料と栄養成分

プラチナム ナチュラル ドライフード

原産国 ドイツ
ライフステージ 成犬
原材料 フレッシュチキンミート(70%)、ライス、トウモロコシ(非遺伝子組み換え)、チキンミール、
加水分解チキン、乾燥醸造酵母、乾燥リンゴパルプ、アルファルファ、サーモンオイル、
ユッカ抽出物、コールドブレスアマニオイル、コールドブレスオリーブオイル、ミドリイガイエキス、
マリアアザミの種子、乾燥ウイキョウ、サルサバリラの根、乾燥アーティチョーク、
キンレンカ、カモミールティーエキス、タンポポ、乾燥リンドウ、塩化カリウム
成分 タンパク質26%、脂質16%、繊維2%、灰分6.9%、水分18%
添加物 フリー
グレイン
グルテン フリー
内容量 1.5kg、5kg
エネルギー(100gあたり) 355kcal
価格 1,980円 [1.5kg ネット参考価格]
単価(100g) 132円
販売会社 PLATINUM 公式サイト

※犬種別は僕自身はあまり意味が無いと思っているので、この表には取り入れていません。

犬種専用のドッグフードって本当に必要なの?