【セレクトバランス アダルト チキン】の原材料と成分を評価!

セレクトバランスはアメリカ原産のプレミアムドッグフードです。

あまりメジャーな製品ではありませんが、プレミアムドッグフードとしての安心・安全な条件を満たしているのかチェックしてみました。

[追記]リニューアルされてパッケージが変わりました。材料や保証成分など内容はほぼ変わっていないようですが、粒の大きさが小粒と中粒を選択できるようになりました。

Dr.ノブ

ヒューマングレードではありませんが無添加でさえあればいいという方には選択肢の1つになりそうです。
定番のチキン味だね。

タロ

セレクトバランスの特徴

セレクトバランス アダルト チキンはアメリカ産の無添加ドッグフード。

プレミアムドッグフードとしてはかなり安価な部類で、これまでコスト的にあきらめていた方でも使いやすくなっています。

無添加と第1主原料が動物性タンパク源(乾燥チキン)、グルテンフリーという以外は特筆すべき点はありませんが、まずは気になる合成添加物を避けたいという方におすすめです。

セレクトバランスのおすすめポイントは?

セレクトバランス アダルト チキンのセールスポイントを解説します。

  • 無香料・無着色、合成添加物不使用
  • 消化吸収がいい
  • 主原料はヒューマングレードのチキン
  • 健康を配慮した栄養添加

Dr.ノブ

セレクトバランスが他のドッグフードに比べてすぐれている点を見てみましょう。

無香料・無着色、合成添加物不使用

セレクトバランス アダルト チキンには、香料や着色料などの不要な添加物はもちろん、健康に不安の残る合成保存料も一切使用されていません。

酸化を防ぐ保存料として、天然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)とローズマリー抽出物のみが使用されているのみ。

安心・安全を重視するプレミアムドッグフードの基本はきちんとおさえています。

消化吸収がいい

ウンチのかたさ

セレクトバランス アダルト チキンには、消化吸収をサポートするために腸内環境を整えるフラクトオリゴ糖が配合されています。

また炭水化物源として、ワンちゃんでも消化しやすくアレルギーも起こりにくい、米、玄米を使用しています。

主原料はヒューマングレードのチキン

セレクトバランス アダルト チキンには、主原料としてチキンを使用。

いわゆる4Dミートが心配な肉副産物、チキンミールなどは使用されていません。

4D材料(4Dミート)のウソ・ホント

穀物類と合わせて主な原材料にはヒューマングレードの素材が使用されています。

[追記]リニューアルで第1主原料が以前はチキンだったのが乾燥チキンに変わってしまいました。

また、公式サイトでヒューマングレードの素材うんぬんという表記もなくなってしまいました。

なので、新パッケージではヒューマングレードの素材ではなくなったと考えるのが自然でしょう。

健康を配慮した栄養添加

セレクトバランス アダルト チキンには、健康を配慮してさまざまな栄養が添加されています。

オメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸・亜鉛

オメガ6脂肪酸やオメガ3脂肪酸は必須脂肪酸で亜鉛とともに皮膚の代謝に関わり、皮膚や被毛の健康に非常に重要な役割を果たします。

グルコサミン・コンドロイチン

平均寿命の延びたワンちゃんは人と同様、高齢になった時に関節軟骨がすり減り慢性的な関節症が起こってきます。

グルコサミンやコンドロイチンは健康な軟骨維持に必要な栄養素です。

コエンザイムQ10

抗酸化作用を持ち、免疫力と健康維持に役立ちます。

クランベリー

有用なポリフェノールを多く含み、尿路感染にいいとされます。

MEMO
クランベリーの尿路への効能については賛否両論です。
シュウ酸を多く含むので、シュウ酸カルシウム結石の多いワンちゃんでは注意が必要です。

メーカーのその他のアピールポイント

上記以外にセレクトバランスの公式サイトでメーカーがアピールしているポイントをまとめてみました。

  • 油控えめ
  • 小粒の平丸粒でどんなサイズの子でも食べやすい
  • オリゴ糖配合で腸内環境をととのえる

セレクトバランスの気になるポイント

セレクトバランス アダルト チキンを選ぶ際に気になるデメリットや残念な点はこちら。

  • ビートパルプを使用している
  • グレインフリーではない

Dr.ノブ

無添加で消化の良いセレクトバランス アダルト チキンはほとんどのワンちゃんにおすすめできるのですが、もう少しこうして欲しいというデメリット面もあります。

ビートパルプを使用している

セレクトバランス アダルト チキンは主原料のヒューマングレードを売りにしていながら、ヒューマングレードではないビートパルプを使用しています。

ビートパルプ自体はネットで言われるような、薬物の残留や便秘になるなどの指摘は的外れで、基本的には安全なものです。

病気のワンちゃんに使用する療法食にも普通に使用されています。

ドッグフードの原材料ビートパルプはホントに危険?体に悪い?

しかし、アメリカ原産であるセレクトバランスには、遺伝子組み換え作物由来のビートパルプが使われている可能性が高いです。

わざわざプレミアムドッグフードを選択する飼い主さんは、ヒューマングレードではない材料や遺伝子組み換え作物を避けたい方が多いのではないでしょうか。

そういう方にはセレクトバランスはおすすめできません。

ヒューマングレードのフードを選ぶのならDr.ノブおすすめドッグフードから選びましょう。

米を使用しているのでグレインフリーではない

セレクトバランス アダルト チキンは小麦や大麦を使っていないのでグルテンフリーですが、トウモロコシ・米・玄米を使用しているのでグレインフリーではありません。

グルテンフリーなので、アレルギー面の心配はさほどありません。

ひとこと!世間的に誤解されているのですが、そもそもアレルゲンに感作されるのは離乳期なので、成犬時に食物アレルギーを獲得していなければ小麦が入っていても問題ありません。
痒みがなくても低アレルゲンのドッグフードを与えたほうがいいの?

しかし、米やトウモロコシは高GI食品で血糖値が上がりやすく、肥満しやすいというデメリットがあります。

太り気味のワンちゃんに与える時は体重管理に注意が必要です。

体重が気になる子にはカロリーをおさえたセレクトバランス ライト チキンを選ぶといいでしょう。

[追記]「ライト チキン」は「スリム」という名前に変わりました。

セレクトバランスの口コミ評価は?

セレクトバランスはヒューマングレードではないですが、低価格で手頃な無添加ドッグフードです。

セレクトバランスの口コミ評価はどうなっているでしょう?

まずは良い評価から。

下痢気味だったのが便の調子が良くなった。

このフードだと食欲旺盛でよく食べる。

食べっぷりが良い。

となかなか好評です。

次に悪い口コミ。

まったく食べなかった。

中には口に合わない子もいるようです。

ヒューマングレードではないことに目をつぶれば、なかなかすぐれたフードのようですね。

Dr.ノブの見解:安価なプレミアムドッグフード

本来、プレミアムドッグフードというと色々なこだわりがあって、値の張るドッグフードというイメージがあります。

セレクトバランスはプレミアムドッグフードの中では、かなり安価な部類に入ります。

厳選素材というわけでもヒューマングレードでもないですが、安価に安心・安全なプレミアムドッグフードを試してみたいという飼い主さんにおすすめです。

辛口チェック

第1主原料にチキン生肉が使用されていると言っても、価格が価格なのでそれほどいい素材が使用されているとは思えません。

人が食べる鶏肉だって、廃用鳥と地鶏では品質も価格も大きな差があるように、「チキン生肉」といってもその中身はブランドによって大きな違いがあります。

高級なプレミアムドッグフードでは平飼いの鶏やブランド鶏が使用されていて、人が食べても美味しいフードがありますが、セレクトバランスにはそこまでは期待できません。

しかし、価格的に同ランクのニュートロ ナチュラルチョイスやシュプレモはチキン生肉にプラスしてチキンミールを使っているのに対し、セレクトバランスはチキン生肉のみでそれでいて価格もより安いのでお得感がありますね。

[追記]リニューアルで改悪されてしまったのでチキン生肉は使用されていません。おすすめ度はちょっと下がってしまいました。

セレクトバランスの原材料と栄養成分

原産国 アメリカ
ライフステージ 成犬(1歳以上)
原材料 チキン、とうもろこし、米、玄米、ソイビーンミール、鶏脂、ビートパルプ、
チキンエキス、乾燥卵、キャノーラ油、乾燥ミルクプロテイン、ビール酵母、
クランベリー、フラクトオリゴ糖、グルコサミン、コンドロイチン、コエンザイムQ10、
ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、
ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、硫酸亜鉛、鉄、銅、マンガン、セレン、ヨウ素)、
酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)
成分 タンパク質22%以上、脂質13%以上、繊維5%以下、灰分7%以下、水分10%以下、
カルシウム0.6%2.5%以下、リン0.8%以上1.6%以下、メチオニン0.3%以上1.0%以下
添加物 保存料に天然トコフェロールとローズマリー抽出物のみ使用
グレイン とうもろこし、米、玄米、ソイビーンミール
グルテン フリー
内容量 1kg、3kg、7kg
エネルギー(100gあたり) 350kcal
価格 3,186円(税込)※3kgのネット参考価格
単価(100g) 106円
販売会社 ベッツ・チョイス・ジャパン 公式サイト

※犬種別は僕自身はあまり意味が無いと思っているので、この表には取り入れていません。

犬種専用のドッグフードって本当に必要なの?