【ソルビダ】オーガニック素材にこだわったアメリカ産プレミアムドッグフード

ソルビダはアメリカ生まれのプレミアムドッグフードです。

安全性をとことん追求し、オーガニック素材にこだわった原材料を使用していることを売りにしています。

農薬や遺伝子組み換え作物が気になる自然派の飼い主さんには有力候補の一つになるでしょう。

今回はソルビダのラインナップのひとつ室内飼育成犬用(インドアアダルト)を詳しくチェックします。

Dr.ノブ

数少ない認定オーガニックフードです。
つまり安全・健康ということなのかな?

タロ

ソルビダの特徴

ソルビダの特徴は「人の赤ちゃん基準の安心を愛犬にも」を合言葉に、とことん安心安全なドッグフードを提供していることにつきます。

  • 無添加
  • グルテンフリー

のプレミアムドッグフードの基本以外に

  • 無農薬
  • 遺伝子組み換え作物不使用

のオーガニック素材を原材料に使用しています。

徹底して安全なフードがいいという自然派の飼い主さんにおすすめです。

ソルビダのココがすぐれている!

ソルビダのセールスポイントをくわしく解説します。

  • 人工な保存料・香料・着色料など一切不使用
  • 無農薬・遺伝子組み換え作物不使用のオーガニック
  • ラインナップが豊富

Dr.ノブ

ソルビダが他のドッグフードに比べて優れている点を見てましょう。

人工的な保存料・香料・着色料など一切不使用の無添加

プレミアムドッグフードには必須といえますが、ソルビダには人工保存料や香料・着色料などは一切使用されていません。

保存料として使用されているのは天然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)のみ。

巷でリスクがあると噂されるBHT・BHA・没食子酸プロピルは入っていませんので、365日毎日食べるドッグフードとして安心して愛犬に与えることができます。

ドッグフードに入っているBHT・BHA・没食子酸プロピルって何?毒性はあるの?

無農薬・遺伝子組み換え作物不使用のオーガニック

ソルビダの特徴はなんといっても、原材料のほとんどをオーガニックと認められた素材を使用していること。

オーガニックといっても口だけではなく、アメリカの認定機関でちゃんと認められたものです。

オーガニックとは、農作物では無農薬や遺伝子組み換え作物ではない、家畜では飼料がオーガニックであることや抗生剤・ホルモン剤などを使用していないことが保証されているものです。

自分の食べるものにはオーガニックにこだわっている飼い主さんは少なくないと思いますが、愛犬にもオーガニックを与えたいならソルビダは数少ない選択肢の一つです。

ラインナップが豊富

ソルビダ

ソルビダはプレミアムドッグフードにもかかわらずラインナップが豊富で、今回取り上げた室内飼育成犬用以外にも

  • 成犬用中粒(アダルト):中型大型犬向き
  • 室内飼育子犬用(インドアパピー):小型犬の子犬や妊娠犬・授乳中母犬向き
  • 室内飼育7歳以上用(インドアシニア):7歳以上の小型犬向き
  • 室内飼育肥満犬用(インドアライト)

と全部で5種類あります。

サイズも室内飼育成犬用では、900g、1.8kg、3.6kg、5.8kgの4サイズもそろっていて、愛犬にピッタリのサイズを選ぶことができます。

小さなワンちゃんでもいつも新鮮なフードを与えることができますし、大きなワンちゃんではコストをおさえることができるのは大きなメリットといえるでしょう。

メーカーのその他のアピールポイント

上記以外にソルビダの公式サイトでメーカーがアピールしているポイントをまとめてみました。

  • 20種以上の厳選された原材料を最新のペット栄養学に基づいた理想的な栄養バランスで配合
  • プロバイオティクスとプレバイオティクスを取り入れ腸内環境をサポート
  • オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸を理想的なバランスで配合し、美しい皮膚・被毛の形成を実現
  • プロネイテッドミネラルで効率的なミネラル吸収
  • 高タンパク低脂肪で便量が少ない。ユッカシジゲラ配合で便臭も低減。

ソルビダの気になる点

ソルビダを選ぶ際に気になるデメリットや残念な点はこちら。

  • グレインフリーではない
  • ヒューマングレードではない
  • コストがかかる

Dr.ノブ

健康で安全なソルビダはほとんどのワンちゃんにおすすめできるのですが、もう少しこうして欲しいというデメリット面もあります。

穀物が使用されている

ソルビダには、穀物類としてオート麦、大麦、豆類、玄米が使用されています。

つまり、グレインフリーではないということ。

小麦グルテンは入っていないので食物アレルギーが問題になることは少ないと思いますが、これらの穀物がアレルゲンとなることもあります。

なので、アレルギーの傾向があるワンちゃんにはおすすめはできません。

ヒューマングレードではない?

原材料にある乾燥チキンはいわゆるチキンミールのこと。

チキンミールといえば、日本では骨や内臓などの副産物や4Dミートが入っている可能性があります。

さいわいソルビダのチキンミールには日本と違い骨や内臓などの副産物は入っていないことがソルビダのHPに記載されています

とはいえ、チキンミール自体、ほぼ飼料やドッグフード用の原材料のため、ヒューマングレードの素材ではありません。

HPにもヒューマングレードであることは謳っていないですからね。

確実にヒューマングレードのフードを選ぶのならDr.ノブおすすめドッグフードの中から選びましょう。

ランニングコストは高い

プレミアムドッグフードなのでしょうがないですが、オーガニックにこだわった素材を使用しているため、ソルビダはややコストが高い部類に入るでしょう。

ドッグフードはずっと続けていくものですから、それなりの出費は覚悟しなければなりません。

ただし、ソルビダはパッケージサイズが豊富で5.8kgの大きなサイズもあるため、中型~大型犬に与える分には他のプレミアムドッグフードに比べコストを落とすことができます。

ソルビダの口コミ評価は?

安全で健康に良いソルビダですが、口コミ評価はどうなっているでしょう?

まずは良い評価から。

他のフードは食べないのにソルビダはよく食べる。

食いつきがばっちり。

涙やけが止まった。

などほとんどがいい評価です。

次に悪い口コミ。

それほど食べない。

値段が高い。

一部のワンちゃんは喜ばないようですが、全然食べないというコメントは見当たりませんでした。

Dr.ノブの見解:はっきりとオーガニックと確認できる数少ないプレミアムドッグフード

厳選した素材を使用しているとアピールするプレミアムドッグフードは多いですが、無農薬や遺伝子組み換えを使っていないことを確認できる製品はそれほどありません。

ソルビダはむしろオーガニックを売りにしているため、自然派のドッグフードを探している飼い主さんが安心してチョイスすることができます。

同レベルに安全な国産フードではみらいのドッグフードもおすすめです。

辛口チェック

ソルビダを辛口にチェックするなら以下のポイントが気になります。

それは輸入フードであること。

品質の良いフードでも輸送の間に劣化しないかという心配が多少あります。

輸入フードでは長距離輸送になるので、国産フードに比べると不利です。

国産フードだと工場直送で家庭に届く商品もあるので、製品の新鮮さでは一歩譲ってしまいますね。

輸入の輸送過程にもピンからキリまであって、他の商品と雑多に常温のコンテナで運ばれてくるものもあれば、チャーターした保冷コンテナで厳重に管理されて輸送されるものもあります。

条件のいい輸送であれば劣化は最低限に抑えられます。

ソルビダは良く売れているフードなので、おそらくいい状態のコンテナで運ばれていると思いますが、飼い主さんが安心できるようにそのへんの情報も公開してほしいですね。

ソルビダの原材料と栄養成分

原産国  アメリカ
ライフステージ  成犬用
原材料  オーガニックチキン生肉、乾燥チキン、オーガニック挽き割りオーツ、オーガニック挽き割り大麦、
オーガニック乾燥豆類、天然フレーバー、オーガニック挽き割り玄米、鶏脂肪*、乾燥トマト繊維、
オーガニックひまわり油*、オーガニック挽き割りフラックスシード、乾燥ビール酵母、
サーモンオイル*、チキン軟骨(グルコサミン、コンドロイチン源)、乾燥ブルーベリー、
オーガニック乾燥アルファルファ、オーガニック乾燥ひまわりの種、オーガニック乾燥かぼちゃの種、
オーガニック乾燥にんじん、乾燥ブロッコリー、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、
レシチン、乾燥チコリ根(イヌリン、フラクトオリゴ糖源) 、乳酸、 乾燥セージ、ユッカフォーム抽出物、
ガーリックパウダー、ミネラル類(炭酸カルシウム、塩化カリウム、食塩、亜鉛、鉄、
セレニウム酵母、銅、コバルト、マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、ビタミン類(塩化コリン、
ビタミンE補助食品、ナイアシン補助食品、ビタミンB1硝酸塩、d-パントテン酸カルシウム、
ビタミンB6、リボフラビン補助食品、ビタミンA補助食品、ビタミンD3補助食品、ビオチン、
ビタミンB12補助食品、葉酸、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源))、
プロバイオティクス微生物(イースト菌、乳酸菌、麹菌、糸状菌、枯草菌)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
*ミックストコフェロールで保存
成分  タンパク質22%以上、脂質12%以上、繊維5.5%以下、灰分7.5%以下、水分10%以下、オメガ6脂肪酸1.7%以上、オメガ3脂肪酸0.3%以上
添加物 保存料に天然由来ミックストコフェロールのみ使用
グレイン  オート麦、大麦、米
グルテン  大麦
内容量 900g、1.8kg、3.6kg、5.8kg
エネルギー(100gあたり) 340kcal
価格 3,500円(税抜)[1.8kg]
単価(100g) 194円
販売会社 ライトハウス 公式サイト

※犬種別は僕自身はあまり意味が無いと思っているので、この表には取り入れていません。

犬種専用のドッグフードって本当に必要なの?