痒みがなくても低アレルゲンのドッグフードを与えたほうがいいの?

アレルギーを持っているワンちゃんの割合ってとっても多く、人と比べてもかなり多いような気がします。

これを読んでいる飼い主さんの愛犬にもアレルギーがあったり、知り合いのワンちゃんでアレルギー持ちの子がいるんじゃないでしょうか。

そのためか、今では一般食のドッグフードやプレミアムドッグフードでも、アレルギーに対応した製品が数多くあります。

実際のところ愛犬のアレルギーを防ぐためには、これらの低アレルゲンをセールスポイントにしたドッグフードを与えるべきなのでしょうか?

Dr.ノブ

アレルギー対応はプレミアムドッグフードの重要なアピールポイントになっています。
ぼくら柴犬にはアレルギーがとっても多いんだって。

タロ

症状が出ていないのであれば必ずしも低アレルゲンである必要はない

低アレルゲン

低アレルゲンのドッグフードを与えるべきかどうかは、結論から言うと、

  • 今、現在すでにアレルギーらしき症状が出ているのなら、試してみる価値あり
  • 特に症状が出ていない(アレルギーを持っていない)のなら必要ない

となります。

後述しますが、アレルギーらしき症状でもはっきりとした症状が出ているのなら、検査を受けるのがベターです。

でも、ちょっとした症状で、「アレルギーがあるのかも…」と感じる程度なら、本格的に検査・治療を受ける前に低アレルゲンのドッグフードを試してみる価値はあるでしょう。

一方、今の段階ではアレルギーらしき症状が何も出ていないのなら、低アレルゲンのドッグフードである必要はありません。

ただ誤解しないで欲しいのは、症状がないから与えてはダメということでは全然なくて、どこからどう見ても健康そのもの子でも低アレルゲンのドッグフードを食べてもまったく問題はありません。

Dr.ノブのアドバイス

症状が有る無しの判断があいまいで、実際は食物アレルギーらしき症状があるのに飼い主さんが気づいていないことはよくあります。
低アレルゲン食を食べだしてから症状が改善されて初めて、「あれはアレルギーの症状だったのか…」と気づきます。
そういう意味では、症状はないと思っていても低アレルゲンに切り替えることがメリットになることもあります。
結局、症状の有る無しに関わらず、低アレルゲンのドッグフードを選んでおくのが無難かもしれません。

低アレルゲンの代表グルテンフリーのドッグフードについてはこちらの記事をご覧ください。

ドッグフードはグルテンフリーがベストなの?

食物アレルギーは十分解明されていない

どうして、”食物アレルギーを持っていないワンちゃんには低アレルゲンのドッグフードは必要ない”のか?

それを知るためには食物アレルギーがどのように起こってくるのかを理解しておく必要があります。

ただし、食物アレルギーはまだ十分に解明されているとは言えません。

まだ仮説の段階なので、将来的には変わってくるかもしれません。

アトピーと食物アレルギーは違います

上に「食物アレルギー」と書きましたが、一般の方がアレルギーのことを指す時の言葉に混乱が見られるので、まず最初にはっきりさせておきましょう。

一般の飼い主さんが「アレルギー」や「アトピー」という言葉を使うのは、皮膚にかゆみのある症状を指す場合がほとんどで、どちらも同じ意味として使っていることが多いようです。

しかし、アレルギーは皮膚にだけ起こるものではなくて、体の色んな所で起こります。

消化器にアレルギーが起きれば下痢や嘔吐の症状がでます。

喘息は肺にアレルギーが起こったものですし、ハチに刺されて起こることで知られているアナフィラキシーショックもアレルギーの一種です。

食べ物から起こるアレルギーの場合は、皮膚と消化器に症状があらわれます。

なので、かゆみだけでなく、嘔吐や下痢が症状としてあらわれてくることもあるのです。

また、食べ物からくるアレルギーのことを「アトピー」と呼ぶ人(獣医師でもいる)がよくいますが、獣医学では「アトピー」には食べ物からくるアレルギーを含めません。

アトピーは環境アレルゲン(ハウスダスト、花粉など)によって起こる皮膚のアレルギー症状のみを指します。

アトピーと区別するために食べ物からくるアレルギーを「食物アレルギー」というのです。

簡単にまとめると、

  • 食物アレルギー:食べ物によって皮膚のかゆみや消化器症状を起こすアレルギー
  • アトピー:環境アレルゲンによって皮膚のかゆみを起こすアレルギー

となります。

食物アレルギーになるのは離乳前に決まる!?

前述したように、食物アレルギーがどのように起こってくるのかは、まだはっきりとは解明されていません。

食物アレルギーがあらわれてくる時期についても確定的なことはわかっていません。

以前は、食物アレルギーはかなり若い時から(生後半年未満)始まるか、ずっと年を経てシニアになって発症してくるという、両極端な特徴があるとされていました。

今は、食物アレルギーの多くが生後半年未満の若い段階で発症すると考えらています。

MEMO
アトピーは生後2~3年で発症するのがほとんどで、シニアになって初発することはないとされています。

現在のところ、食物アレルギーが起こるメカニズムについては次のように考えられています。

離乳前後
離乳前後は腸の粘膜が未成熟なため、分子量の大きなタンパク質も通過させてしまう。
アレルゲンに感作
食物アレルゲン(タンパク質)が侵入しやすい状況にあり、この時期にアレルゲンとなりやすい食べ物を食べると、その後、食物アレルギーを起こす要因となる。
発症
生後半年未満という早い段階で食物アレルギーが発症する。

では、以前は食物アレルギーが年をとってから初発することもあると考えられていたのはなぜなのでしょう?

シニアになってからアレルギーが出てくるのは飼い主さんが気づいていないだけ!?

確かに、歳を経てシニアの年齢になってアレルギー性の皮膚炎が出てくるワンちゃんは少なくありません。

アトピーはシニアになって初発することはありませんから、以前は、”食物アレルギーの可能性が高い”と説明していましたが、間違っていたのでしょうか?

実は、”食物アレルギーの可能性が高い”ということに今も間違いはなく、飼い主さんが症状の発症に気づいていないだけと考えられています。

食物アレルギーの発症自体は1歳未満のことが多いですが、個体によって症状の程度は異なるため、初期の症状が軽いと飼い主さんが気づかないまま何年も過ごすことになります。

ワンちゃんは痒がっているのに、飼い主さんは普通の仕草として掻いていると思い込んでしまうわけです。

徐々に症状が悪化しても、毎日観察している飼い主さんはその変化に気づきにくく、毛が抜けたり皮膚が赤くなったり、かなり症状がはっきりしてから「あれ?おかしい…」と初めて気づくのです。

それがシニアの年齢になってから気づくから、食物アレルギーはシニア期でも初発すると考えられていた理由です。

また、1歳未満でアレルギー体質となっても、その後アレルゲンとなる材料の入ったフードを食べていなかったために表面化していなかったが、シニア期になって食べだしたフードにアレルゲンが含まれていて症状があらわれてきたようなケースもあるかもしれません。

Dr.ノブのアドバイス

ただし、高齢になってからアレルギーのような症状が出ても、必ずしも食物アレルギーとはかぎりません。
皮膚リンパ腫という悪性腫瘍や高齢になって免疫が落ちてきたことで起こるさまざまな皮膚疾患の可能性もあります。
あきらかな症状が出てきていたら、自分で判断せずに病院で調べてもらいましょう。

便の回数が多いワンちゃんは食物アレルギーの可能性がある

もう1つ、食物アレルギーの症状を見逃しやすい理由があります。

それは食物アレルギーは皮膚症状だけでなく、消化器症状として出ていることもあるということです。

当初は、お腹を壊しやすいとか、便の回数が多いという漠然とした消化器症状だけで、皮膚症状がほとんど無いことがあります。

何年も経ってから皮膚にも症状が出てきて、病院へ行ったら食物アレルギーと診断されることになります。

よくよく聞いてみたら、「すぐ下痢する」とか「便の回数が多い」という答えが返ってくることが多いのです。

便の回数が多い(1日に3回以上)とか、いつも軟便であることと食物アレルギーはイコールではありませんが、当てはまるのなら十分疑っていいと思います。

愛犬が1日3回以上ウンチをしてませんか?それは食物アレルギーかもしれません

食物アレルギーの疑いがあるのなら…

では、

「どうも皮膚にかゆみがあるみたい…」

「そういえば便を1日に3回以上している」

という、食物アレルギーを疑わすような様子が有るのならどうすればいいでしょう?

きちんと検査して処方食がベスト

あきらかに症状が出ている場合は、動物病院へ行ってきちんと検査してもらいましょう。

皮膚のかゆみや赤みには細菌やカビ、寄生虫など、いろんな原因が考えられ、アレルギーによるものとは限りません。

他の原因は関係してないのかをしっかりと調べて、それらが否定されて初めてアレルギーを疑います。

年齢によってはアトピーの可能性もあります。

食物アレルギーとアトピーの症状は非常に似通っているので、区別は難しいかもしれません。

理想としては、血液検査でアレルゲンに対する反応を調べたり、除去食試験・食物負荷試験を行って診断します。

MEMO
血液検査でIgEを検査するものがありますが、犬の食物アレルギーではIgEが関与しないタイプが大半を占めます。
なので、新しくできたリンパ球反応検査という検査が主流になっています。

食物アレルギーと診断がついたら、治療はアレルギーを起こさない処方食を与えていくことになります。

Dr.ノブのアドバイス

今の療法食は非常にすぐれていて、タンパク質を加水分解してアレルギー反応を起こしにくくしてあります。
中にはアミノ酸やペプチドレベルまで分解して理論的にアレルギーが起こらなくしたものもあります。
うまくハマれば、他の治療が一切いらなくなりますが、おいしくないのでなかなか食べてくれないのが難点です。

軽いものなら低アレルゲンのドッグフードで様子見るのもありです

かゆみがあるのかないのか微妙な軽いレベルの症状なら、低アレルゲンのドッグフードを与えてみて反応を見てみるのも1つの方法です。

食物アレルギーには新奇タンパクという考え方があります。

食物アレルギーは、それまでに食べたことのある食材がアレルゲンとなってアレルギーを起こします。

なので、今まで食べたことのないタンパク源で作られたドッグフードなら、アレルギーが起こりにくいという考え方です。

低アレルゲン食をセールスポイントにしているドッグフードの原材料を見てみると、羊肉や鹿肉、鴨肉、魚などちょっと変わった材料が主要タンパク源に使用されているのはそういうことです。

うまく行けば症状が緩和されるでしょう。

ただし、アレルギー反応には交差反応といって、食べたことのあるタンパク源と近い動物種だとそれまで食べたことがなくてもアレルギ―反応が出ることがあります。

また、他に使われている原材料がアレルゲンとなっている可能性もあります。

一般ドッグフードの低アレルゲン食でうまく行かないケースが多くあるのはそのためです。

まとめ

一般に低アレルゲン食を与えるのは、メーカーも飼い主さんも将来的に食物アレルギーになりにくくすることを目的にしているようです。

しかし、実際には離乳前後にアレルゲンへの感作があり、幼犬の時点で初発の症状が始まっていると考えられます。

つまり予防という意味ではあまり意味は無いのです。

※ただし、離乳前後から発育期にかけては低アレルゲンのフードはとても意味があると思っています。

飼い主さんが症状に気づいていない場合は、低アレルゲンのドッグフードで見かけ上、予防になったようなかたちになりますが、アレルゲンを避けたことで食物アレルギーが表面化しなかっただけに過ぎません。

低アレルゲンのドッグフードを使う目的は、症状を緩和することで、予防ではないのですが、結果としては同じようなことなので、食物アレルギーが心配な飼い主さんは躊躇なく使えばいいと思いますよ。

無添加でヒューマングレードの低アレルゲンフードで健康な毎日!

グルテンフリー&グレインフリーの無添加ドッグフード   モグワン

モグワン

モグワンは日本のペットフード専門家が企画・設計し、ペット産業の先進国イギリスの最新施設を備えた工場で製造された人工添加物不使用・ヒューマングレード原材料使用のドッグフードです。

穀物類は一切不使用のためグルテンフリー&グレインフリー。

アレルギー心配なワンちゃんにも安心して与えることができます。

原材料のチェックは徹底していて、あとで追跡できるように原材料にロットをつけて管理しているほどで安全性・信頼性でもピカイチの製品です。

無添加でも新鮮なヒューマングレードの材料を使用しているため食いつきの良さが売りで、試食会でワンちゃんに食べてもらった結果、97.8%の子が食べてくれたといいます。

栄養価が高く、若い子からシニアの子までのライフステージで与えることができます。

価格は張りますが、愛犬に安心して食べさせられるドッグフードです。

かゆみの心配もなく健康に暮らしていけるドッグフードをお探しならおすすめですよ。


添加物 天然ビタミンEのみ使用、人工添加物不使用
4Dミート 不使用
穀物 グルテンフリー・グレインフリー
ヒューマングレード
価格 3,960円