【visions オリジナル ドッグフード チキン&フィッシュ】手頃な国産の無添加ドッグフード

国産で安心・安全な無添加ドッグフードを世に送り出しているVISIONS。

この記事では、イー・フィッシュとは姉妹ブランドのチキン&フィッシュをくわしく取り上げます。

イー・フィッシュは気に入っていたけれど、もう少し価格が安くならないか?とかノーマルな肉を使ったタイプも食べさせてみたいという方に最適の商品です。

Dr.ノブ

国産の無添加ドッグフードはかなり高いものが多いですが、チキン&フィッシュはかなり手の出しやすい価格帯です。
シンプルなパッケージだね。

タロ

チキン&フィッシュの特徴

ヴィジョンズ イー・フィッシュは安心・安全な上に食いつきもいいと評判のイー・フィッシュの廉価版。

国産完全無添加の安心はそのままに、より手軽に利用できるようになりました。

とはいっても100gあたりで20円ほど安くなるだけですが、毎日の食事なのでチリツモでけっこうな差になってきます。

また、イー・フィッシュでは小麦が入っているのが気になっていたのですが、イー・フィッシュでは小麦不使用のグルテンフリーなので、アレルギーが気になる子でも比較的安心。

ヒューマングレードとまではいきませんが、肉副産物不使用なので原材料の品質に不安もありません。

チキン&フィッシュのおすすめポイントを解説!

ヴィジョンズ チキン&フィッシュのセールスポイントをくわしく解説します。

  • 人工的な保存料・着色料・香料など一切不使用
  • グルテンフリー(小麦不使用)
  • 肉副産物不使用
  • 少量生産で新鮮

Dr.ノブ

ヴィジョンズ チキン&フィッシュが他のドッグフードに比べて優れている点を見てみましょう。

完全無添加で安心

自分たちが食べるものは添加物がなるべく入っていない製品を選ぶのに、愛犬が食べるドッグフードには添加物が入っていても気にしないというのは矛盾していますよね。

人と違って愛犬は毎日同じフードを食べるのですから、添加物の影響は人よりも出やすいもの。

できるだけ添加物の少ないものを選んであげたいですね。

愛犬の健康を考えたプレミアムドッグフードでは、今や人工保存料や着色料などが使われていないのは必須の条件になっています。

ヴィジョンズ チキン&フィッシュは、人工的な保存料や着色料、香料を使っていないのはもちろん、天然由来の保存料や栄養添加物も使用していない完全無添加。

自然の原材料のみでバランスよく作られています。

愛犬の毎日の主食として安心して食べさせることができます。

グルテンフリー(小麦不使用)

姉妹ブランドのイー・フィッシュでは小麦が使用されていましたが、チキン&フィッシュは小麦不使用のグルテンフリーのフード。

小麦はワンちゃんでも食物アレルギーのアレルゲンとしてとても多いものなので、アレルギーが気になるためにイー・フィッシュを諦めていた子は多いかもしれません。

しかし、チキン&フィッシュなら小麦不使用のグルテンフリーなのでそんな子にも比較的安心して食べさせることができます。

肉副産物不使用

ヴィジョンズ チキン&フィッシュの動物性タンパク源は生の鶏肉とその季節に捕れる新鮮な魚。

第1主原料としてそれらの素材が入っているので、人工的な香料など入っていなくても、風味豊かで食いつきのいいフードとして評判です。

鶏肉と魚肉以外には動物性タンパク源は使用されていないので、ネットでドッグフードの素材として叩かれているチキンミールなどの肉副産物が入っている心配ゼロ。

肉副産物はリスクが有るというわけではありませんが、人が食用にしない部分を含んでいたりするので、家族同然に飼われている方にとっては抵抗があるものです。

ヴィジョンズ チキン&フィッシュでは肉副産物が入っている心配はないので、安心して食べさせることができます。

ドッグフードの原材料に使われるチキンミールやポークミールって何?

国産無添加ドッグフードとしては安価

ひとくちに無添加ドッグフード(プレミアムドッグフード)といってもピンきりなので、その価格もびっくりするくらい高いものから、一般のドッグフードに近い価格のものまでさまざまです。

中でも国産の無添加ドッグフードはこだわりの強いものが多く、最高級の素材を使用していたりして価格はかなりのハイクラス。

しかし、ヴィジョンズ チキン&フィッシュは素材のグレードをおさえて、国産の無添加ドッグフードとしては手頃な価格で購入できる製品です。

Dr.ノブ

といってもプレミアムフードですから、一般のドッグフードに比べると2倍くらいはします。

メーカーのその他のアピールポイント

上記以外にヴィジョンズ チキン&フィッシュの公式サイトでメーカーがアピールしているポイントをまとめてみました。

  • プロバイオティクスとして米麹と乳酸菌を配合
  • 魚は毎日、工場の向かいの市場から仕入れ
  • 米麹は近くの酒蔵から仕入れ
  • 栄養を壊さないよう55度で長時間かけて焼き上げる低温製法

チキン&フィッシュのデメリット or 残念ポイント

安心なヴィジョンズ チキン&フィッシュですがいくつか気になる点があります。

  • ヒューマングレードではない
  • ライフステージ別になっていない
  • グレインフリーではない

Dr.ノブ

安全・安心なヴィジョンズ チキン&フィッシュはほとんどのワンちゃんにおすすめできるのですが、もう少しこうしてほしいというデメリット面もあります。

ヒューマングレードではない

ヴィジョンズ チキン&フィッシュには肉副産物は使用されていませんが、その他の素材にヒューマングレードではないものが使用されています。

コーングルテンミール、コプラフレーク、乾燥おからは飼料としてしか用いないものでヒューマングレードではないもの。

また、大麦、ごまなども人用ではなく飼料用を使っています。

残念ながらヒューマングレードではありませんが、これらの素材のことを包み隠さずに公開しているメーカーの姿勢はとても評価できますね。

信頼できるメーカーのようなので、安全性などの面は問題ないと考えていいでしょう。

やはりヒューマングレードのフードを選びたい、というのならDr.ノブおすすめドッグフードから選びましょう。

子犬用シニア用に分かれていない

ヴィジョンズの製品に共通するのですが、ライフステージ別には分かれていなくて全ライフステージ用となっています。

つまり成犬だけでなく、子犬やシニアのワンちゃんにも同じものを与えるということ。

シニアはともかく、子犬は成犬に比べて非常にたくさんの栄養が必要です。

子犬に同じフードを使うのであればかなりの量のフードを食べさせないといけません。

それでもたいていの子犬は適応できますが、中には食べすぎて吐いたりお腹を壊したりする子がいます。

なので、できれば子犬用だけでも分けて作って欲しいですね。

一部穀物は使っている

ヴィジョンズ チキン&フィッシュは小麦不使用のグルテンフリー。

しかし、米や大麦が使用されているのでグレインフリー(穀物不使用)ではありません。

穀物はワンちゃんでは消化が悪いということが言われますが、きちんと加工されたフードで消化不良になることはありません。

穀物が入ったドッグフードは消化が悪いという話は本当のことなの?

しかし、アレルギーの心配はゼロではないのです。

アレルゲンとなりやすいのは小麦なので、小麦不使用であれば比較的アレルギーの心配はなくなりますが、ワンちゃんによっては米や大麦などでもアレルゲンになることも。

小麦以外の穀物がアレルゲンになっているワンちゃんでは、ヴィジョンズ チキン&フィッシュはおすすめできません。

チキン&フィッシュの口コミ評価は?

ヴィジョンズ チキン&フィッシュはヒューマングレードではありませんが、割と手頃な国産の無添加ドッグフードです。

ヴィジョンズ チキン&フィッシュのネットでの評判はどうなっているでしょう?

まずは良い評価から。

美味しそうに食べる。

用意していると待ちきれない様子。

他のフードは食べないのにこれだけは食べてくれる。

毛艶がよくなった。

おおむね評判がいいみたいです。

次に悪い口コミ。

ほとんど食べてくれなかった。

食べてしばらくしたら吐いてしまう。

少数ですが合わない子もいるようです。

Dr.ノブの見解:できるだけ安く国産の無添加ドッグフードを食べさせたい方に

今の時代でも国産は安心して食べさせることができると考えている方は多いです。

でも、国産のプレミアムドッグフードって小規模生産であったり、素材にとことんこだわっていたりで、高級なものばかりです。

安全を重視して国産で無添加のものを探してもなかなか手頃なドッグフードは見つかりません。

その点、ヴィジョンズはヒューマングレードではないですが、お手頃で使いやすいのが魅力。

姉妹品のイー・フィッシュでもいいですが、アレルギーが気になる方はこちらのチキン&フィッシュのほうがおすすめです。

辛口チェック

ヴィジョンズ チキン&フィッシュはふやかして与えることが推奨されています。

ふやかすとせっかくのドライフードの歯磨き効果が期待できないんですけどね。

しかし、実際はふやかさないと食べにくそうです。

というのも、粒の大きさがかなり大きく、長いものだと1.5cmを超える長さがあり太さも結構なもの。

パッケージが800gですから、主に小型犬を対象にしていると思うのですが、これだけ粒が大きいと小型犬では食べにくそうです。

ふやかすか砕いてあげないとうまく食べられないかもしれません。

チキン&フィッシュの原材料と栄養成分

原産国 日本
ライフステージ 全ライフステージ
原材料 生肉(鶏肉(ささみ)、白身魚肉、青背魚肉、アナゴ)、大麦全粒粉、玄米、煮干粉末、脱脂粉乳、サツマイモ、じゃがいも、コプラフレーク、ホエイタンパク、全乳粉、煎りゴマ、ひまわり油、ビール酵母、グレインソルガム、コーングルテン、海藻粉末、イソマルトオリゴ糖、米麹、プロバイオティクス、卵殻カルシウム、焼成牛骨カルシウム、リジン、乳酸菌群
成分 タンパク質28%以上、脂質9%以上、繊維5%以下、灰分4%以下、水分10%以下
添加物 フリー
グレイン 大麦、米
グルテン フリー
内容量 800g
エネルギー(100gあたり) 370kcal
価格 1,435円 [ネット参考価格]
単価(100g) 179円
販売会社 ヴィジョンズ 公式サイト

※犬種別は僕自身はあまり意味が無いと思っているので、この表には取り入れていません。

犬種専用のドッグフードって本当に必要なの?