【ニュートロ ワイルド レシピ チキン】肉食を再現した高タンパクで穀物不使用のプレミアムドッグフード

ニュートロのワイルド レシピは、ペットフード大手のマースの製品でありながら自然素材にこだわったプレミアムドッグフードです。

祖先のオオカミが食べていたような肉食の食事を再現するため、生肉をたっぷり使い、穀物は使用しないグレインフリーのフードだそうです。

どのような素材が使用されていて、自然派の飼い主さんでも安心して愛犬に与えられるドッグフードなのかチェックしてみました。

Dr.ノブ

超小~小型犬用の成犬用しかありませんが、野性味あふれる活発なワンちゃんにおすすめです。
柴犬でもOKだよね。ちょうだい。

タロ

ワイルド レシピの特徴

ワイルド レシピはペットフード世界最大手のマースの無添加ドッグフード。

姉妹ブランドのナチュラルチョイスやシュプレモとは一線を画する商品で、犬は本来肉食であるという考えのもとに作られています。

姉妹ブランドと大きく違うのは、穀物不使用(グレインフリー)と肉をたっぷり使用しているという点。

非常に高タンパクで成分比でタンパクは32%もあります。

そのためラインナップは活発で運動量の多い超小型犬~小型犬用のみとなっています。

タンパク源として、

  • チキン
  • サーモン
  • ラム
  • ターキー
  • ビーフ

の5種が用意されているので愛犬の好みに合ったフードが見つかるでしょう。

ワイルド レシピの優れている点はこれ!

ワイルド レシピを選ぶに値するメリットやおすすめのポイントをピックアップ!

  • 第1主原料にチキン生肉を使用
  • グレインフリー(穀物不使用)
  • 人工保存料・着色料不使用
  • 4つの動物性タンパク源が選べる

Dr.ノブ

ワイルド レシピが他のドッグフードに比べて優れている点を見てみましょう。

第1主原料にチキン生肉を使用

一般のドッグフードでは、コストを下げるために第1主原料に穀物や肉副産物から作ったチキンミールを使った製品がほとんどです。

しかし、プレミアムドッグフードのワイルド レシピは肉食のための食事を再現したとあって、第1主原料にはチキン生肉を使用しています。

香料を使用していなくてもよく食べてくれると評判です。

タンパク質量も32%以上と非常に高タンパク質な食事となっていて、活動的なワンちゃんにピッタリのフードですね。

グレインフリー(穀物不使用)

ワイルドレシピは肉食のための食事なので、原材料に穀物類は一切使用されていないグレインフリー。

ワイルド レシピのグレインフリーは肉食を再現するためですが、低アレルゲンの食事としても魅力的です。

穀物、特に小麦はワンちゃんの食物アレルギーのアレルゲンとしても非常に多いもの。

なので、アレルギーが気になるワンちゃんの食事としてもおすすめです。

痒みがなくても低アレルゲンのドッグフードを与えたほうがいいの?

気になる人工保存料・着色料は使っていない

人でも気になる人工添加物ですが、毎日一定のドッグフードを食べるワンちゃんではその影響は比ではありません。

コスト的に可能であれば、愛犬には無添加ドッグフードを食べさせてあげたいという飼い主さんはとても多いと思います。

プレミアムドッグフードであるワイルド レシピは人工保存料や着色料を使用していない無添加。

使用されているのは酸化防止剤として天然由来のミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸のみです。

毎日の愛犬の食事として安心して食べさせることができます。

4つの動物性タンパク源が選べる

ワイルド レシピは今回紹介しているチキン以外にも、

  • サーモン
  • ラム
  • 鹿肉

の合計4種のタンパク源を原料にしたラインナップがそろっています。

ワンちゃんの好みやアレルゲンの有無などで、よりピッタリのフードを選ぶことができます。

メーカーのその他のアピールポイント

上記以外にワイルド レシピの公式サイトでメーカーがアピールしているポイントをまとめてみました。

  • 穀物の代わりにひよこ豆やポテトを使い、穀物の苦手な愛犬の健康維持と消化吸収に配慮
  • 第1主原料に高品質な肉を使い抜群のおいしさを実現

ワイルド レシピのここが気になる!

ワイルド レシピを選ぶ際に気になるデメリットや残念な点はこちら。

  • ヒューマングレードではない(ビートパルプ使用)
  • コストがかかる
  • 高タンパク・高脂肪

Dr.ノブ

ワイルド レシピはほとんどのワンちゃんにおすすめできるのですが、もう少しこうして欲しいというデメリット面もあります。

ヒューマングレードのドッグフードではない

ワイルド レシピには原料にビートパルプが使用されています。

ビートパルプはてん菜から砂糖を搾り取ったあとの絞りカス。

人では食用にしない素材です。

また、第2主原料にはチキンミールが使用されています。

チキンミールにもグレードがあって中にはヒューマングレードのものもありますが、公式サイトでは何も明言されていませんし、コスト的に言っても通常の肉副産物を使用したチキンミールである可能性が高そうです。

これら2点からワイルド レシピはヒューマングレードではないことは明らかです。

安全性には問題ないですが、愛犬には人と同じレベルのものを食べさせたいという方にはおすすめできません。

ヒューマングレードのフードを選ぶのならDr.ノブおすすめドッグフードから選びましょう。

価格設定は高め

ワイルド レシピは肉食を再現するというだけあって動物性タンパク源をたくさん使っているので、姉妹ブランドのナチュラルチョイスやシュプレモに比べると価格が高くなっています。

価格帯的にはヒューマングレードのプレミアムドッグフードとの境界付近なので、少し割高に感じるかもしれません。

高タンパク・高脂肪

肉食を再現した食事なので高タンパク質であることは仕方ないのですが、脂質も18%以上とけっこう高めです。

運動量の多いワンちゃんなら問題ないでしょうが、肥満気味のワンちゃんや運動量の少ないワンちゃんの主食にすると太ってしまうかもしれません。

Dr.ノブ

中大型犬用がないのは残念ですね。

ワイルド レシピの口コミ評価は?

ワイルド レシピはヒューマングレードではないですが、肉をふんだんに使った高タンパク質な無添加ドッグフードです。

口コミ評価はどうなっているでしょう?

まずは良い評価から。

食いつき良く食べてくれる。

涙やけのニオイがなくなった。

普段はあまりドライを食べないのにガツガツ食べてくれる。

など大半が高評価です。

次に悪い口コミ。

ぜんぜん食べてくれなかった。

食いつきの良さが売りですが一部食べてくれない子がいるようです。

食べないというのはどのフードにも一定数いますね。

Dr.ノブの見解:疲れを知らない活発なワンちゃんにおすすめ

ワイルド レシピは非常に高タンパク・高カロリーなフードなので、おとなしいワンちゃんやすでに肥満気味のワンちゃんにはカロリーもタンパク質も多すぎて栄養過多になるかもしれません。

普通のドッグフードでは規定量でぜんぜん足りない、アクティブでいつもお腹をすかせているようなワンちゃんに向いています。

活発な愛犬を飼っていて、ヒューマングレードでなくても無添加であれば良いのであればおすすめです。

辛口チェック

ワイルド レシピは肉食を再現した食事というのを売りにしていて、第1主原料がチキン生肉ということもアピールしていますが、実際に動物性タンパク源が材料の何%を占めるかは公表されていません。

モグワンなら50%以上、アカナなら60%、オリジン オリジナルに至っては85%も使用していることを公表しています。

ワイルド レシピのタンパク質は32%以上と高いですが、このすべてが肉由来というわけではありませんから、動物性タンパク源の総量は思ったほど高くないかもしれません。

原材料と栄養成分

原産国 アメリカ
ライフステージ 成犬
原材料 チキン(肉)、チキンミール、ヒヨコマメ、ラムミール、鶏脂、乾燥ポテト、エンドウマメ、
エンドウタンパク、タンパク加水分解物、アルファルファミール、ひまわり油、ビートパルプ、
ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、
ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、亜鉛、鉄、銅)、
アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
成分 タンパク質32%以上、脂質18%以上、繊維3.5%以下、灰分10%以下、水分10%以下
添加物 酸化防止剤にミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸
グレイン フリー
グルテン フリー
内容量 800g、2kg、4kg
エネルギー(100gあたり) 380kcal
価格 2,800円 [2kg ネット参考価格]
単価(100g) 140円
販売会社 マース 公式サイト

※犬種別は僕自身はあまり意味が無いと思っているので、この表には取り入れていません。

犬種専用のドッグフードって本当に必要なの?