愛犬に与えるなら理解しておきたい輸入ドッグフードで考えられるデメリット

飼い犬を家族同然に考える飼い主さんが多くなったことで、ドッグフードの品質も大きく変わってきました。

以前は、安かろう悪かろうのものもあったのですが、今はたいていの製品は品質がよくなり安全性も高くなりましたね。

今は、無添加であったり素材にこだわったプレミアムドッグフードもシェアを増やしています。

そのプレミアムドッグフードですが、今のところ輸入品が幅をきかせている状態。

国産の無添加ドッグフードも増えましたが、まだまだ少数派です。

輸入の無添加ドッグフードは品質も素晴らしいものが多いのですが、輸入にともなうデメリットがあります。

この記事では、輸入ドッグフードで考えられるデメリットについてまとめてみました。

Dr.ノブ

数は少ないですが国産でもすぐれたプレミアムドッグフードもぞくぞくと登場しています。
国産の安心感は捨てがたいね。

タロ

日本への入荷が止まる可能性がある

輸入ドッグフードのデメリットの1つは、日本への入荷が止まってしまう可能性があることです。

輸入品であっても普通の商品であれば、売れすぎて生産が追いつかないなんてことがない限り供給がストップすることはありません。

しかし、ドッグフードは家畜の肉を使っているため検疫が必要なのです。

そのため状況によっては突然輸入ができなくなる可能性があります。

大半の先進国からの輸入は、その国の検査証明書があれば輸入することができます。(家畜の肉や製品の輸入が認められていない国はたくさんあります)

ところが、輸出国で家畜伝染病が発生してしまった時は輸入ができなくなってしまいます。

対象となるのは、

  • 牛や羊では牛疫や口蹄疫が発生した場合
  • 豚では豚コレラなどが発生した場合
  • 鶏・七面鳥・あひるなどの家禽では鳥インフルエンザが発生した場合

などで輸入がストップしてしまいます。

いったん輸入禁止になると、伝染病が鎮圧されてもう大丈夫と確認されるまで輸入は解禁されません。

輸入ドッグフードの場合、輸入代理店にもある程度の在庫はあるでしょうが、輸入禁止が長引いた場合は愛犬の食事を切らしてしまうことになるかもしれません。

Dr.ノブ

1つのフードに頼っていると切れた時に困るので、他にも1つ2つ愛犬に合ったフードを見つけておくといいですね。

質の悪い並行輸入品をつかむ可能性がある

輸入ドッグフードの場合は同じ製品であっても、どこから買うかによってその品質に大きな差がある可能性があります。

メジャーなブランドの場合、日本の輸入代理店が現地メーカーと契約してまとまった量の商品を輸入するのが一般的。

輸入の際には、特定の航路を使い専用のコンテナで輸送するのが普通です。

場合によっては日本で日本用パッケージに中身を詰め替えたりもします。

このような商品を正規輸入品といいます。

正規輸入品は輸送上の管理が行き届いているので、安定した品質のフードを手にすることができるというわけです。

それに対し、別の輸入業者が小口で独自に輸入して販売している場合があります。

このような商品を並行輸入品といいます。

並行輸入の場合は小口のため、他の輸送品とごちゃ混ぜで運ばれます。

航路も輸送状況も指定できませんので、悪環境のもとで輸送されてしまうかもしれません。

そうなると、ドッグフードの品質が劣化してしまうことも考えられます。

見た目は同じでも、正規輸入品と並行輸入品では品質に大きな差があるかもしれないのです。

なので、輸入のドッグフードを愛犬に与えるのなら、安心できる正規代理店から購入するのがおすすめです。

残りの賞味期限が短い可能性がある

輸送には航空便と船便がありますが、重量のあるドッグフードでは通常は船便になります。

そこで問題になるのが、日本に到着するまでに時間がかかってしまうこと。

アメリカからだと1ヶ月半から2ヶ月はかかります。

もともと人工保存料を使っていないプレミアムドッグフードでは、賞味期限はそれほど長くはありません。

一般に1年から1年半くらいです。

そのうちの2ヶ月を輸送に使ってしまうというのはけっこうなロス。

日本に着いてからも在庫として置かれる期間を考えると、手元に届いた時には賞味期限があまり残っていないということもあるかもしれません。

それを避けるには、売れていない商品よりも、商品の入れ替わりの早い人気の商品を選ぶといいでしょう。

Dr.ノブ

良心的な輸入代理店では、日本で詰め替える際にもともと1年半の賞味期限を1年にするなど、短くして表示するようにしていたりします。
そのような商品管理の行き届いたフードなら、賞味期限の短い商品をつかまされることもないでしょう。

価格が割高になる

輸入ドッグフードでは、輸送に時間を消費してしまうだけでなく、輸送費が余分にかかってしまうことも大きなデメリットです。

遠路はるばる運ばれてくるのですから、ある程度は仕方がないのかもしれません。

しかし最近の日本はデフレと円安のために輸入品は元の価格でも高く感じるようになっているのに、さらに輸送費がプラスされるのでかなり割高になってしまいます。

国産で同レベルのフードが見つかれば、そっちの方がいろんな面でいいかもしれませんね。

Dr.ノブ

国産のプレミアムドッグフードはこだわりが強すぎて、かえって割高になっているものも多いです。
品質に厳しい条件をつけなければ、輸入品のほうが安価であったりする場合もあります。

まとめ

輸入のプレミアムドッグフードには、人気の商品やロングセラーの商品など安心して選べるフードが多くあります。

より愛犬にあったフードを選びやすいのですが、今回ご紹介したような輸入にともなうデメリットもあることを知っておきましょう。

デメリットを避けるためには

  • 愛犬に合ったフードを2つ3つ見つけておく
  • 正規輸入品を購入する
  • マイナーすぎる商品は避ける

といった点を心がけておくことです。

輸入フードのデメリットはそうそうあることではないのですが、気になる方は国産で同レベルの商品を選ぶのも1つの方法ですね。

国産のおすすめドッグフードなら「みらいのドッグフード」

みらいのドッグフード

国産のプレミアムドッグフードなら、輸入にともなう心配事は一切ありません。

しかも国産では小規模生産のものばかりなので、いつも作りたての新鮮なフードを愛犬に食べさせることができます。

中でも、みらいのドッグフードは安心感・安全性ではピカイチ。

国産無添加はもちろん、素材はすべてヒューマングレードで、農作物は無農薬のものを使用。

しかも、製造は製薬会社が行っているので品質に信頼がおけます。

価格は高いですが定期購入で大きくコストダウンが可能。

国産のプレミアムドッグフードなら一番のおすすめです。